バイク旅行(日本1周、ツーリング)に出発する前に荷物の準備をしよう

バイク旅行の準備方法を覚えて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイク旅行の準備を始めよう

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう

バイク旅行の行き先を考えよう

バイク旅行の行き先

バイクの免許証を取得してバイクの用意ができましたら、いよいよツーリング(旅行)の準備に取り掛かりましょう。

バイクに乗ってツーリングや旅行に出かける際は、まずはどこへ目指して走るのか行き先を決めてください。

行き先を考えずに行き当たりばったりであてもなくバイクで走るのも楽しいですが、何をしにいくのか事前に予定を立てて準備した方が楽しみは膨らみます。

例えば、

  • 美味しい旬のものを食べに行く・・・
  • 秘境の温泉に行く・・・
  • 有名な旅館に泊まる・・・
  • きれいな景色を見に行く・・・
  • キャンプに行って地元の食材で料理を作る・・・

などのツーリングの目的や、海の方に行くのか山の方に行くのか大まかな方向は必要になります。

また、キャンプに行かれる方はテントや自炊道具が必要になりますし、長期間の旅に行かれる方はたくさんの荷物を入れてバイクに載せるための大きなカバン(リアシートバッグ、サイドバッグなど)が必要になってきます。

ここでは、バイクに乗ってツーリングや旅行の準備を始める時に、どんな行き先があるのか、どんな道具が必要になるのか紹介しています。

スポンサーリンク

バイク旅行の計画を立てよう

ツーリング先を決めよう

  • バイクツーリングの行き先を考える

    バイクツーリングに行く時は無計画で出発するのではなく、目的地、食事、宿泊場所を考えなければいけません。各人のバイクライフに合わせて楽しいツーリングとなるように計画を立てましょう。

  • バイクツーリングにおすすめの東日本の観光場所

    私が昔日本1周をした時にとても綺麗だなと感動した東日本の風景や疲れを癒す無料温泉をいくつか紹介します。バイクツーリングの計画を立てる時の行き先の候補として参考にしてください。

  • バイクツーリングにおすすめの西日本の観光場所

    私が昔日本1周をした時にとても綺麗だなと感動した西日本の風景をいくつか紹介します。風景を見に行くバイクツーリングの計画を立てる時の行き先の候補として是非参考にしてみてください。

宿泊場所を選ぼう

  • バイク旅行の宿泊場所

    バイクツーリングで宿泊する場所は、ホテル、旅館、キャンプ場、ユースホステル、ライダーハウス、野宿などがあります。各人の旅行のスタイルや宿泊費用などを考慮して選んでください。

カーフェリーの航路を調べよう

  • 北海道や九州・沖縄に行くカーフェリー

    カーフェリーを使えば北海道から沖縄まで日本全国にバイクと一緒に旅行に行くことができます。特に夏の季節の北海道はライダーに人気があり、カーフェリーにバイクを積んで北海道へ旅行に行かれる方が大勢います。

バイク旅行で使う道具を揃えよう

ツーリングで使う道具の概要

ツーリング用品(ウェア、レインウェア、グローブ)

ツーリング用品(バッグ、ネット)

キャンプ用品(宿泊道具)

  • キャンプの宿泊用品(テント)の使い方と選び方

    キャンプ場に宿泊したり道の駅や広場などで野宿をする場合は、テント、寝袋、シュラフマットというキャンプ用品を用意しましょう。テントの使い方と選び方を覚えて目的に合った商品を選びましょう。

  • キャンプの宿泊用品(寝袋)の使い方と選び方

    キャンプ場に宿泊したり道の駅や広場などで野宿をする場合は、テント、寝袋、シュラフマットというキャンプ用品を用意しましょう。寝袋の使い方と選び方を覚えて目的に合った商品を選びましょう。

  • キャンプの宿泊用品(シュラフマット)の使い方と選び方

    キャンプ場に宿泊したり道の駅や広場などで野宿をする場合は、テント、寝袋、シュラフマットというキャンプ用品を用意しましょう。シュラフマットの使い方と選び方を覚えて目的に合った商品を選びましょう。

キャンプ用品(自炊道具)

トラブル時に使う工具を揃えよう

キャンプ道具の使い方を覚えよう

  • ドーム型テントの組み立て方法

    テントはキャンプ場で宿泊したり道の駅などで野宿をする時に設営して使います。最近のドーム型テントは、初心者の方でも簡単に組み立てられ軽量で持ち運びも楽になっています。

  • 寝袋(シュラフ)・銀マットの詳しい使い方

    キャンプをする時は、テントを張って室内で寝袋に包まって寝ると思いますが、寝袋だけでは快適に寝ることはできないので、寝袋の下側に銀マットを敷いて両方一緒に使ってください。

  • ガスバーナー・ガスボンベの詳しい使い方

    ガスバーナーとガスボンベを連結させてから、着火ボタンを押してガスに火をつけて使います。バイク旅行中にお湯を沸かしたり料理を作ったりして自炊する方は使い方を覚えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク