バイクツーリングで使うバイクに荷物を積むバッグ(タンクバッグ)の使い方と選び方

タンクバッグの使い方と選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクに荷物を積むバッグ(タンクバッグ)の使い方と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイクに荷物を積むバッグ(タンクバッグ)の使い方と選び方

タンクバッグは、小さい荷物や小容量の荷物を積載する時に使う道具です。

バイクツーリングに行く時に荷物を燃料タンクの上に積まれる方はタンクバッグを用意してください。

バイク用品店に行くといろいろなタンクバッグが並んでいますが、積載できる容量と小物入れなどの機能が違っていますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

タンクバッグを使う時と選ぶ時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイクツーリングでバイクに荷物を積む時に使うバッグ類の概要

バイクツーリングやバイク旅行に持って行く様々な荷物をバイクに積む時はバイク用に設計されたバッグ類(タンクバッグ、リアシートバッグ、サイドバッグ)を使って積むことが一般的です。

では、バイクに荷物を積む時に活用する主な場所とバッグ類の組み合わせはどうすればいいのかというと次のようにして使います。

バイクに荷物を積む場所とバッグの組み合わせの方法としては、上記の5つくらいしかないので、ツーリングやバイク旅行に行く時はどの場所に荷物を積めばいいのかよく考えてからバッグ類を購入してください。

一般的には、大量の荷物をバイクに積む時はリアシートの上かリアシートの横のスペース、少量の荷物をバイクに積む時は燃料タンクの上のスペースを活用するライダーが多いです。

タンクバッグを選ぶ時の注意点としては、次のことが挙げられます。

  • 5〜15Lまでの収納サイズがある
  • 固定方式はマグネットと吸盤タイプがある

このように、いろいろなサイズが用意されているので、商品の説明文をよく読んでから選んでください。

それでは、バイクツーリングやバイク旅行で荷物をバイクに積む時に使うタンクバッグの使い方と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

タンクバッグの使い方と選び方

JTCのタンクバッグ

タンクバッグは、バイクの燃料タンクの上に載せてマグネットや吸盤で走行中に動かないようにタンクにくっつけて使うバッグです。
※上の写真はマグネットで固定するタイプで収納容量が10Lサイズのタンクバッグです。

今までバックパックで荷物を背負ってツーリングをしていた方はタンクバッグを装着してもらえれば肩こりが断然楽になりますよ。

ツーリングで、タンクバッグ、リアシートバッグ、サイドバッグを併用して荷物を積む時にタンクバッグに入れるものとしては、紙の地図、小物、カメラ、財布などの貴重品を入れると何かと使いやすいです。

タンクバッグを使う時の注意点としては、タンクバッグが大きすぎると運転の妨げになったり、バイクの燃料タンクが小さいと取り付けが難しいこともあるので、バイクに装着できるタンクバッグのサイズなのかを確認してから購入してください。

タンクバッグの選び方

タンクバッグは、バイクの燃料タンクにマグネットで固定するタイプと吸盤で固定するタイプの2種類があります。

タンクバッグはマグネットタイプでも吸盤タイプでも5〜15L程の収納スペースを確保できるので日帰りツーリングに最適なアイテムです。

タンクバッグを購入する時のポイントは、どのくらいの荷物の収納容量が必要なのかをよく考えてみてください。

タンクバッグは15Lくらいの荷物しか入りませんのでショートツーリングには適していますが、ロングツーリングには適していません。たくさんの荷物を入れたい時は他のバッグを使わなければいけません。

また、A4サイズの紙の地図を使う方はタンクバッグの上面のクリアケース部に収まるサイズなのかを確認してください。

マグネットタイプか吸盤タイプかどちらを選べばいいかは好みで選んでもらえば大丈夫だと思います。個人的にはマグネットタイプの方が扱いやすいです。

タンクバッグについてもう少し詳しく知りたい方は、タンクの上に荷物を積むをご覧ください。

バイクツーリングで使うおすすめのタンクバッグ

タナックス(TANAX) タンクバッグGT モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-001>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめするタンクバッグは、タナックス(TANAX)のタンクバッグGTです。

タンクバッグGTの使い方は、4つの角から伸びているマグネットをタンクにくっつけるだけで簡単装着できます。
※基本的にマグネットだけでしっかり固定できますが、走行していてぐらつく場合は付属のベルトも使って動かないように固定してください。

タンクバッグGTの最低収納容量は10Lで日帰りツーリングに最適な大きさです。また、最大で16Lまで収納容量を可変できるので、ツーリング先でお土産などを買って荷物が増えた時にも対応可能です。
※日常使用は最小容量で使えば運転の邪魔にもならず見た目もgoodです。

上面のクリアケース部にはA4サイズの紙の地図が収納可能で、側面にポケットが付いているので小物を入れておくと取り出しやすく、ツーリング時の使い勝手が優れているタンクバッグです。

最近は、スマホを使うライダーが多いですよね。地図とスマホを併用してクリアケース部分に入れて使いたいという方は、スマホポケットが付いている タナックスのスマートタンクバッグのLサイズ(容量9〜17L) の方をおすすめします。

リアシートバッグやサイドバッグでは値段が高いし大き過ぎてバイクに装着するとカッコ悪いという方は、タンクバッグを使えば、ショートツーリングにも、ちょっとした買い物にも、普段使いにも対応できます。

バイクツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク