本文へスキップ

バイクを運転するための基礎知識

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

バイク操作に慣れよう

コツをつかんで運転を楽しみましょう

ヤマハの原動機付自転車

バイクの運転のコツをつかんで、スムーズにアクセルやブレーキ操作ができるようになると運転が楽しくなります

バイクはタイヤが2本しかついていない乗り物ですので、ちょっとしたことでバランスを崩して転倒する恐れがあります。

しかし、バイクを運転することは決して難しいことではありません。
バイクを安全に運転できるようになるためにも、ライディングに必要な基本的な知識を覚えてバイクに慣れることが大切です。

バイクを運転するための基本操作

  • バイクのエンジンの掛け方

    バイクのエンジンを掛ける時はスタータースイッチを押すと簡単に掛かります。しかし、バッテリーが上がっていたり、キャブレターが不調などの場合はエンジンは掛かりません。

  • バイクのアクセル・ブレーキ・クラッチ操作

    アクセルはバイクを走らせ、ブレーキはバイクを停止させ、クラッチはギヤチェンジをする時に使います。安全に走行する為にアクセル・ブレーキ・クラッチ操作は必ず覚えてください。

  • バイクのヘッドライト・ウインカー・ホーンの操作方法

    最近のバイクのヘッドライトは安全の為に常時点灯しています。ヘッドライトのハイビームは街灯がない時、ウインカーは右や左に曲がる時、ホーンは危険を知らせる時に使います。

  • バイクのメーター類の見かたと給油方法

    スピードメーターは現在走行中の速さ、走行距離計は今まで走ってきた総走行距離、燃料計は燃料タンク内の燃料の残りを確認する為に使います。バイクは燃料で動いているので燃料が少なくなってきたら給油作業をしてください。

  • バイクのブレーキングとコーナーリングの方法

    バイクのクラッチレバーやブレーキレバーの握り方、ブレーキを掛ける方法はとても奥深いものです。バイクのクラッチ操作とブレーキ操作に慣れて、安全にバイクライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク