バイクツーリングで使うバイクに荷物を積むバッグ(リアシートバッグ)の使い方と選び方

リアシートバッグの使い方と選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクに荷物を積むバッグ(リアシートバッグ)の使い方と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイクに荷物を積むバッグ(リアシートバッグ)の使い方と選び方

リアシートバッグは、大きい荷物や大容量の荷物を積載する時に使う道具です。

バイクツーリングに行く時に荷物をリアシートの上に積まれる方はリアシートバッグを用意してください。

バイク用品店に行くといろいろなリアシートバッグが並んでいますが、積載できる容量と小物入れなどの機能が違っていますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

リアシートバッグを使う時と選ぶ時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイクツーリングでバイクに荷物を積む時に使うバッグ類の概要

バイクツーリングやバイク旅行に持って行く様々な荷物をバイクに積む時はバイク用に設計されたバッグ類(タンクバッグ、リアシートバッグ、サイドバッグ)を使って積むことが一般的です。

では、バイクに荷物を積む時に活用する主な場所とバッグ類の組み合わせはどうすればいいのかというと次のようにして使います。

バイクに荷物を積む場所とバッグの組み合わせの方法としては、上記の5つくらいしかないので、ツーリングやバイク旅行に行く時はどの場所に荷物を積めばいいのかよく考えてからバッグ類を購入してください。

一般的には、大量の荷物をバイクに積む時はリアシートの上かリアシートの横のスペース、少量の荷物をバイクに積む時は燃料タンクの上のスペースを活用するライダーが多いです。

リアシートバッグを選ぶ時の注意点としては、次のことが挙げられます。

  • 20〜60Lの収納サイズがある
  • 開口部の大きさで荷物の出し入れのしやすさが変わる
  • 外側に小物入れが付いているのと付いていないのがある
  • バッグの上部に積載用のコードが付いているのと付いていないのがある

このように、いろいろなサイズと機能が用意されているので、商品の説明文をよく読んでから選んでください。

それでは、バイクツーリングやバイク旅行で荷物をバイクに積む時に使うリアシートバッグの使い方と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

リアシートバッグの使い方と選び方

リアシートバッグは大きな荷物や多くの荷物を入れる時に使うバッグです。

リアシートバッグは付属されているベルトをリアシートに巻きつけて固定して、リアシートバッグ本体をバイクから着脱する時はベルトとバッグをつなぎ合わせるバックルで行います。
※収納容量が大きいリアシートバッグは荷崩れ防止の為にフレームなどにベルトで固定することもあります。

バイクにリアシートバッグを装着すれば、キャンプ道具(テント、寝袋、シュラフマット、クッカー、ガスバーナー、ガスボンベ)などのかさばる荷物を積載できるようになるので、憧れだったキャンプツーリングを楽しむことができますし、今まではタンクバッグとバックパックに分けて積んでいた荷物をリアシートバッグ1つにまとめることもできます。
※収納容量が20L以上あるリアシートバッグではヘルメットも収納可能です。

リアシートバッグ、タンクバッグ、サイドバッグを併用して荷物を積む時にリアシートバッグに入れるものとしては、着替え、テント、寝袋などのような昼間あまり使わないものを入れると使いやすいと思います。

リアシートバッグの選び方

リアシートバッグは、リアシートの上に置いて付属のベルトでリアシートに固定して使います。

リアシートバッグを購入する時のポイントは、リアシートバッグにはいろいろなサイズが用意されているのでバイクに積む荷物の容量を事前に確認してから荷物が収まるサイズのバッグを選んでください。

また、機能もいろいろあり、リアシートバッグの上部に上積み用のゴムコードが付いているタイプは銀マットや寝袋をバッグの上に積むことができますし、バッグの外側に小物入れが付いているタイプは日中よく使う道具をいれておけば便利です。

一般的に売られているリアシートバッグは20〜30Lくらいの容量が普通サイズですが、50Lを超える大容量タイプもあります。大容量タイプの購入を考えている方はバッグの下の方に入れた荷物の取り出しが面倒なので、荷物を取り出す時のことを考えて作られている使い勝手がよい商品を選びましょう。

リアシートバッグについてもう少し詳しく知りたい方は、リアシートの上に荷物を積むをご覧ください。

バイクツーリングで使うおすすめのリアシートバッグ

タナックス(TANAX) キャンピングシートバッグ2 モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-102 (可変容量59-75L)>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめするリアシートバッグは、タナックス(TANAX)のキャンピングシートバッグ2です。

収納容量は約60Lという大容量サイズなので一通りのキャンプ道具(宿泊道具・自炊道具)は余裕で積載でき、また、今までは荷物を20Lサイズのリアシートバッグと片側15Lサイズのサイドバッグに分けて積んでいた方は、このバッグ1つに荷物をまとめることも可能です。

キャンピングシートバッグ2の大きな特徴としては、

  • バッグの側面が開閉できるので荷物をどこに入れても取り出しが簡単にできる
  • バッグの上に多少の荷物なら上積みすることができる
  • 樹脂製のフレーム構造なので荷物が増えても荷崩れしにくい

というように、とにかく使いやすいことが挙げられます。

荷物の積み方は各ライダーそれぞれ違いますが、長期間のキャンプツーリングや日本1周を計画している方はバイクに積む荷物の量が普通のツーリングよりも多くなるので、60Lサイズのリアシートバッグはとても重宝するアイテムだと思います。

なお、ロングキャンプツーリングではない普通のツーリングならば20Lくらいのサイズで大丈夫です。

バイクツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク