バイクツーリングで使うバイクに荷物を積むバッグ(サイドバッグ)の使い方と選び方

サイドバッグの使い方と選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクに荷物を積むバッグ(サイドバッグ)の使い方と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイクに荷物を積むバッグ(サイドバッグ)の使い方と選び方

サイドバッグは、中くらいの荷物や中容量の荷物を積載する時に使う道具です。

バイクツーリングに行く時に荷物をリアシートの横に積まれる方はサイドバッグを用意してください。

バイク用品店に行くといろいろなサイドバッグが並んでいますが、積載できる容量と小物入れなどの機能が違っていますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

サイドバッグを使う時と選ぶ時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイクツーリングでバイクに荷物を積む時に使うバッグ類の概要

バイクツーリングやバイク旅行に持って行く様々な荷物をバイクに積む時はバイク用に設計されたバッグ類(タンクバッグ、リアシートバッグ、サイドバッグ)を使って積むことが一般的です。

では、バイクに荷物を積む時に活用する主な場所とバッグ類の組み合わせはどうすればいいのかというと次のようにして使います。

バイクに荷物を積む場所とバッグの組み合わせの方法としては、上記の5つくらいしかないので、ツーリングやバイク旅行に行く時はどの場所に荷物を積めばいいのかよく考えてからバッグ類を購入してください。

一般的には、大量の荷物をバイクに積む時はリアシートの上かリアシートの横のスペース、少量の荷物をバイクに積む時は燃料タンクの上のスペースを活用するライダーが多いです。

サイドバッグを選ぶ時の注意点としては、次のことが挙げられます。

  • 両サイド合わせて20〜40Lの収納サイズがある
  • 形崩れしないように補強されているものがある

このように、いろいろなサイズと丈夫なものが用意されているので、商品の説明文をよく読んでから選んでください。

それでは、バイクツーリングやバイク旅行で荷物をバイクに積む時に使うサイドバッグの使い方と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

サイドバッグの使い方と選び方

RSタイチのサイドバッグ

サイドバッグは、商品に付属されているベースをリアシートに固定した後にベースとバッグのバックルをつなぎ合わせて使います。
※バッグの位置が思わしくない時は固定用ベルトで固定して位置を整えてください。

バイクにサイドバッグを装着すれば、本来使われることがないスペースに荷物を積載できるようになるので、リアシートバッグ(容量60L)とサイドバッグ(左右で容量40L)を合わせて使えば長期間のツーリングに対応できる荷物(100L)を積むことが可能となります。

サイドバッグは荷物の出し入れが容易にできるので、サイドバッグに入れるものとしては、レインウェアやレインシューズカバーなどの雨具、カメラの三脚、自炊道具などのような日中で使用頻度が高いものを入れると便利です。
※雨の日はサイドバッグにレインカバーを被せても雨が染み込んでくることが多いので、雨対策で濡れないようにする為に、荷物はビニール袋に入れて小分けにして積んだ方がいいです。

サイドバッグの選び方

サイドバッグは、リアシートの横に装着して使い、無駄になるスペースの有効活用ができるバッグです。

上の写真は、形崩れしないように樹脂製の薄い板が側面と下面に入っているタイプで、片側の収納容量は15L、両サイド合わせて30Lのサイドバッグです。

サイドバッグを購入する時のポイントは、サイドバッグの大きさによってはマフラーの上部にサイドバッグの下面が接触するので、どのくらいのサイドバッグの大きさが自分のバイクに適切なのか寸法を測って確認しましょう。

また、補強がされていない革製や布製のサイドバッグは使いこんでいくとヘタって形崩れするので、シェルケースが丈夫な素材のものを選ぶことをおすすめします。

サイドバッグについてもう少し詳しく知りたい方は、リアシートの横に荷物を積むをご覧ください。

バイクツーリングで使うおすすめのサイドバッグ

タナックス(TANAX) バイク用サイドバッグ MOTOFIZZ ツアーシェルケース2 (カーボン柄) 容量40L(片側20L) MFK-250>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめするサイドバッグは、タナックス(TANAX)のツアーシェルケース(片側の収納容量20Lサイズ)です。

ツアーシェルケースの装着方法は、まずは、付属されているイージーベースをリアシートに固定して、リアシートに固定できたらサイドバッグとイージーベースのバックルをつなげるだけの簡単作業で完了できます。
※さらに、固定ベルトとセーフティーベルトを併用するとサイドバッグの位置は安定させることができます。

サイドバッグをバイクから取り外す時は、バックルを外せばいいので取り外しも簡単です。
※ツーリング先での宿泊時はバイクからサイドバッグを取り外して管理することが基本なのですぐに取り外しできることはありがたいです。

ツアーシェルケースの特徴としては、収納容量は片側20L、両方合わせると40Lになるので、キャンプツーリングにも対応できる収納容量があり、サイドバッグの素材にはポリカーボネートが使われているので衝撃と熱に強いことです。

また、デザイン性も抜群でハードケースのようなかっこいい形状をしていて価格もお手ごろなので、ライダーにとってはありがたい商品です。

サイドバッグ全般にいえることですが、注意点としては、バイクによってはマフラーの上部にサイドバッグの下面がぶつかることがあるので寸法を確認してから購入してください。

バイクツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク