本文へスキップ

サイドバッグを使ってバイクに荷物を積む方法

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

リアシートの横に荷物を積む方法

サイドバッグについて

バイクに荷物を積む方法としては大量に荷物が積めるリアシートバッグが一般的ですが、リアシートバッグの補助的な役割として使うサイドバッグというものがあります。
サイドバッグは、バイクのリアシートの横にかけて、サイドバッグの中に荷物を入れて使います。
サイドバッグには大きな荷物は入りませんので、昼間に少し使うものを入れておくと便利です。

サイドバッグ:荷物を入れるスペースは結構広く、荷物の出し入れはしやすいです。しかし、大きなものは入りません。
バイクに荷物を積むサイドバッグ

サイドバッグの使い方

サイドバッグは、固定用のベルトをバイクとリアシートの間に挟んで固定した後にバッグのバックルに留めて使います。

サイドバッグのサイズは、小さいものから大きいもの(2つで50Lくらい)までいろいろあり、目安としてはホテルなどに宿泊する2泊3日くらいのツーリングなら30Lくらいの容量があれば荷物の量は十分間に合います。
しかし、キャンプ用品を積む方は、荷物がかさばりますのでもっと大きいサイズの方がいいです。

サイドバッグを選ぶ時は、荷物が何L入るといわれてもよくわからないと思いますので、近くのバイク用品店で実物を見てどのくらいの大きさが適しているのか判断した方がいいと思います。

スポンサーリンク

サイドバッグに積むもの

サイドバッグの中の荷物は取り出しやすいので、日中に少し使うものを入れます。

例えば、

  • 着替え
  • レインウェア
  • 洗顔・お風呂セット
  • ペットボトル
  • 小物
  • カメラの三脚
  • ガスバーナー・ガスボンベ
  • 食事用品

などのような、昼間の使用頻度が少し高いものを積んでください。

サイドバッグの特徴

サイドバッグのいいところ

サイドバッグのいいところは、シートより下にバッグがあるのでバイクの重心が低くなり走行しているときはバイクが安定しています。

また、荷物が取り出しやすいので日中使うことがある荷物を入れていくと大変便利です。

サイドバッグの悪いところ

サイドバッグの悪いところは、荷物が積める容量は大きいのですが大きなものは積めません。大きな荷物を積む時はリアシートバッグを使ってください。

また、サイズが合わないとサイドバッグの底がマフラーにあたり、運が悪いとサイドバッグに穴が開いてしまいます。

雨から荷物を濡れないように守るには

防水機能が弱いサイドバッグを使う場合は、突然の雨から荷物を濡れずに守るために、ビニール袋に荷物を入れてからサイドバッグに積んでください。
荷物をビニール袋に入れずにそのままサイドバッグに入れると、大雨が降った時に水濡れの原因になりますので気を付けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク