バイクツーリングに持って行く荷物をバックパックに入れて背負う

バックパックの基礎知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バックパックで荷物を背負う方法

トップページ > 荷物の積み込み方法 > バックパックで荷物を背負う方法

バックパックは、バイクに荷物を積載する時に使うバッグです。

バイクに乗る時に荷物を自分の背中に背負って持ち運ぶ方はバックパックを用意してください。

バックパックは、バイク用、登山用、街中用があるのでバイク用か登山用がおすすめです。

ライダー初心者の方の為に、バックパックの基礎知識を紹介します。

目次

バックパックって何ですか?

荷物を入れるバックパック

バックパックは、バイクに乗る時に自分の背中に荷物を背負ってツーリングする時に使うバッグです。

一般的には、バイクに荷物を積む場合はタンクバッグリアシートバッグをバイクに固定した後にバッグに荷物を入れてツーリングに出かけますが、タンクバッグやリアシートバッグなどを使わない方は、バックパックを使ってもツーリングに荷物を持って行くことはできます。

バイクで使うバックパックの種類は主に、バイク用、登山用、街中用があります。

街中用のバックパックは、見た目がカッコよくデザインやファッション性に優れていますが機能性は劣っていますので、バイクツーリングにはバイク用か登山用を使うようにしてください。

バックパックには重たい荷物を入れて長時間背負っていると疲れますので、なるべく軽い荷物を入れて使うようにして、また、バックパックはバッグからの取り外しが簡単なので、荷物が少ないショートツーリングにおすすめです。

バックパックの使い方

ライダーがよく使っているバックパックは20Lくらいのサイズで、バッグを自分の背中に背負って使います。

バックパックには小さく軽い荷物も大きく重たい荷物も入りますが、重たい荷物を入れて長時間背負って運転していると肩が凝って疲れやすくなりますので、バックパックを購入する時は、背面パッドとショルダーハーネスをチェックしてください。

  • 背面パッド:背中の部分のパッドのことで、荷物の荷重を背中で受けます。クッション性が良いものやメッシュ構造(通気性が良いもの)になっているものは快適にツーリングができます。
  • ショルダーハーネス:肩を通す部分のことで、幅が細くなくなるべく太いもの、そしてクッション性が良いものを選らんでください。

バックパックは長距離ツーリングにはおすすめできませんが、街乗りやショートツーリングなら大丈夫です。バックパックに入れる荷物は、比較的軽いものを入れておくと便利です。

バックパックの中の荷物などを雨から濡れないように守るには

防水機能が弱いバックパックを使う場合は、突然雨が降ってきた時に荷物を雨から濡れないように守る為に、荷物をビニール袋の中に入れてからバックパックに入れてください。

荷物をバックパックの中にビニール袋に入れずにそのままの状態で入れると、大雨が降った時に荷物が水濡れの原因となりますので気を付けてください。

スポンサーリンク

バックパックの良いところと悪いところ

どのようなバッグでも良いところもあれば、悪いところもあります。

以下に、バックパックの使い勝手を紹介しますので購入する時の参考にしてください。

バックパックのいいところ

バックパックを使えば、荷物をずっと背中に身につけられるので、貴重品などのような盗まれたら困る物をバックパックに入れておけば安心です。また、荷物を取り出すことも簡単ですし、バイクから降りたらそのまま移動できるので機動性がとても良いです。

バックパックの悪いところ

荷物をバックパックに入れて長時間背負って運転すると肩に負荷が掛かりかなり疲れが溜まります。また、夏にバックパックを背負っていると背中が暑さで蒸れて汗びっしょりでとても熱くなりバイクの運転に集中できません。

バックパックは肩に負荷が掛かり疲れるのでショートツーリングや街中で使うのが適していると思います。

バックパックと一緒に持っていくと便利なツーリングネット

ツーリングに出かける時は、ツーリングネットを持って行くと役に立つ場面が結構あります。

普通はバックパックは背負って使いますが、背中に背負ったまま長時間運転していると肩に疲れが溜まりやすくなります。

背負うのに疲れたらバックパックをツーリングネットでバイクのリアシートに落ちないようにくくりつければ背中に負担がかからなくなります。

また、ツーリングネットのその他の使い方としては、おみやげなどを買ってバッグに入らないものはツーリングネットを使ってバイクに固定して走ることもできますので、ツーリングに行く時にはツーリングネットを持って行くと何かと役に立つと思います。

おすすめのバックパック

コミネ(Komine) バイク用リュック ウォータープルーフライディングバッグ20 ブラック フリー(20L) 09-208 SA-208>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめするバックパックは、コミネ(Komine)の バイク用リュックの防水用20Lサイズです。

収納容量が20Lのバックパックはツーリングから普段使いまで用途を選ばずに利用でき、バイクで背負って運転するにはちょうどいいサイズだと思います。

なお、大きいバックパックは荷物をたくさん収納できますが肩が凝りやすいので注意してください。

スポンサーリンク

バイクに荷物を積むバッグの関連ページ

スポンサーリンク