本文へスキップ

ツーリングに持って行く荷物をバックパックで背負う

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

バックパックで荷物を背負う

バックパックについて

一般的には、バイクに荷物を積む場合はタンクバッグやリアシートバッグをバイクに固定して、バッグに荷物を入れてツーリングに出かけますが、タンクバッグやリアシートバッグなどを使わない方は、バックパックを使ってもツーリングに荷物を持って行くことはできます

バックパックの種類は主に、バイク用、登山用、街中用があります。
街中用のバックパックは、見た目がカッコよくデザインやファッション性に優れていますが機能性は劣っていますので、バイクツーリングにはバイク用か登山用を使うようにしてください。

バックパックを購入する時は、背面パッドとショルダーハーネスをチェックしてください。

  • 背面パッド:背中の部分のパッドのことで、荷物の荷重を背中で受けます。クッション性が良いものやメッシュ構造(通気性が良いもの)になっているものは快適にツーリングができます。
  • ショルダーハーネス:肩を通す部分のことで、幅が細くなくなるべく太いもの、そしてクッション性が良いものを選らんでください。

バックパックに重たい荷物を入れて長時間背負って運転していると肩が凝って疲れやすくなります。バックパックは長距離ツーリングにはおすすめできませんが、街乗りやショートツーリングなら大丈夫です。
また、バックパックに入れる荷物は、比較的軽いものを入れておくと便利です。

バックパック:重たい荷物を入れて長時間背負っていると疲れますので、なるべく軽い荷物を入れて使うようにしてください。
荷物を入れるバックパック

バックパックの特徴

バックパックのいいところ

バックパックを使えば、荷物をずっと背中に身につけられるので、貴重品などのような盗まれたら困る物をバックパックに入れておけば安心です。また、荷物を取り出すことも簡単ですし、バイクから降りたらそのまま移動できるので機動性がとても良いです。

バックパックの悪いところ

荷物をバックパックに入れて長時間背負って運転すると肩にかなり疲れが溜まります。
また、夏にバックパックを背負っていると背中が蒸れてとても熱くなりバイクの運転に集中できません。

雨から荷物を濡れずに守るには

防水機能が弱いバックパックを使う場合は、突然の雨から荷物を濡れずに守るために、ビニール袋に荷物を入れてからバックパックに積みこんでください。
荷物をビニール袋に入れずにそのままの状態でバックパックに荷物を入れると、大雨が降った時に水濡れの原因になりますので気を付けてください。

ツーリングに持っていくと便利なツーリングネット

ツーリングに出かける時は、ツーリングネットを持って行くと役に立つ場面が結構あります。

普通はバックパックは背負って使いますが、背中に背負ったまま長時間運転していると肩に疲れが溜まりやすくなります。
背負うのに疲れたらバックパックをツーリングネットでバイクのリアシートに落ちないようにくくりつければ背中に負担がかからなくなります

また、ツーリングネットのその他の使い方では、おみやげなどを買ってバッグに入らないものはツーリングネットを使ってバイクに固定して走ることもできますので、ツーリングに行く時にはツーリングネットを持って行くと何かと役に立つと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク