バイクツーリングで着用するグローブの使い方と選び方

グローブの使い方と選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

ツーリング用品(グローブ)の使い方と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイクツーリングで着用するグローブの使い方と選び方

グローブは、バイクを運転する時に使うアイテムです。

バイクツーリングに行く時は、自分の手を衝撃やケガから守る為にバイク用のグローブを用意することをおすすめします。

バイク用品店に行くといろいろなグローブが並んでいますが、春夏用と秋冬用のグローブで使われている素材と厚みが違っていますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

グローブを使う時と選ぶ時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイクツーリングで着用するバイク用のウェア・レインウェア・グローブの概要

バイクの構造は車と全く違っていますよね。

車は硬いフレームで運転する空間が覆われていますが、バイクは人車一体で運転手が守られていないので、半袖、半ズボンという服装で運転するわけにはいきません。

バイクに安全に乗る為には、転倒したなどのような思わぬ事故が起きてしまった時のことを考えて、自分の身を衝撃から守ってくれるバイクウェアとバイクグローブを着用することが望ましいです。

また、バイクで走行中に突然の雨が降ってくることもあるので、自分が身につけている服を濡らさず快適に運転する為には、バイク用のレインウェアを用意してください。
※足元も安全装備にするにはバイク用のシューズ、雨が降ってきても濡れないようにするにはシューズカバーも合わせて用意しましょう。

バイクに乗る時に着用するバイク用のウェア・レインウェア・グローブの主な役割としては、次のようなことが挙げられます。

  • ウェア:転倒した時に身体を衝撃やケガから守るアイテムです。
  • レインウェア:着用している服が濡れないように雨から身を守るアイテムです。
  • グローブ:転倒した時に手を衝撃やケガから守るアイテムです。

このように、バイクウェア、レインウェア、グローブは外部からの何かしらの衝撃から自分の身体を保護してくれる大切なアイテムです。必要に応じて自分に適したバイクウェア・レインウェア・グローブを選び着用してケガから身を守りましょう。

バイク用のグローブを選ぶ時の注意点としては、

  • 安全性を重視してプロテクターが内蔵されているものを選ぶ
  • 快適性を考慮してメッシュ素材になっているものを選ぶ
  • 手にフィットしてブレーキ・クラッチレバーの操作性がいいものを選ぶ

というように、安全性、快適性、操作性を目安に選んでもらうと失敗なく商品の購入ができます。バイク用に作られている商品は、バイクに乗ることを前提に設計されているので、着用していれば突然のケガから身を守ってくれ安全に運転することができ、快適性と操作性を兼ね備えた商品ということです。

しかしながら、バイク用のウェア・レインウェア・グローブは絶対に必要というわけではありません。ホームセンターで販売されている一般用の商品でバイクライフを楽しんでいるライダーもみえます。

それでは、バイク用のグローブの使い方と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

バイク用グローブの使い方と選び方

elfのバイク用ハーフグローブ

バイク用に作られたグローブは、転倒した時に地面との摩擦やぶつけた時の衝撃から手を保護してケガから守る役割があります。
※上の写真は手の甲の部分がメッシュタイプになっている夏用のハーフグローブです。

バイク用のグローブには様々な種類がありますが、主に春夏用のグローブと秋冬用のグローブという2種類に分けることができます。

では、春夏用のグローブと秋冬用のグローブで何が違うのかというと、グローブに使われている素材や厚みが違ってくるので、季節に応じて使い分けるのが賢い使い方です。

つまり、夏は薄手の生地のグローブ、冬は厚手の生地のグローブというように季節によって使い分けて運転するのがグローブの正しい使い方です。

バイク用グローブの選び方

バイク用グローブは、転倒した時のケガから手を守る用途の他に、長時間運転してハンドルのグリップを握り続けた時やクラッチを握った時の痛みを和らげる効果もあります。

冬に使われる方は防寒対策がされた厚手のグローブ、夏に使われる方はメッシュ素材のグローブ又はハーフグローブがおすすめです。
※たまに軍手をはめてバイクを運転している方がいますが、軍手ではハンドルを握ると滑るのであまりおすすめはできません。できればバイク用のグローブをはめて運転してください。

バイク用グローブを購入する時のポイントは、グローブを手にはめた時に小さすぎず大きすぎず違和感はないか、指は動き易いか、手の甲の部分にプロテクターが付いているかを確認して選ぶのがいいです。

くれぐれも価格の安い高いだけの理由で選ばないようにしてください。

グローブについてもう少し詳しく知りたい方は、ライディング用品を選ぼう(グローブ)をご覧ください。

バイクツーリングで着用するおすすめの春夏用のバイクグローブ

KOMINE(コミネ) グローブ GK-183 プロテクトメッシュグローブ-ブレイブ(BRAVE) ブラック/レッド XL06-183>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめする春夏用のバイクグローブは、KOMINE(コミネ)のプロテクトメッシュグローブ(GK-183)です。

プロテクトメッシュグローブの適応シーズンは春と夏で、メッシュ素材で作られているので通気性がよく快適に運転できます。また、フィット性もいいのでブレーキやクラッチレバーの操作性は抜群です。

その他の特徴としては、グローブをはめたままスマートフォンの操作ができること、手の甲には簡易的なプロテクターが内蔵されているのでちょっとした転倒時の衝撃を吸収してくれること、価格が安いこともプロテクトメッシュグローブの良さです。

グローブを購入する際は、手の平の周りと手長をメジャーで測定してから製品のサイズ表を見て選ぶようにしましょう。
※一般的な手の大きさの方のグローブのサイズの目安としては、男性はXLかL、女性はLかMが丁度いいと思います。

バイクツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク