バイクに快適・安全に乗る為のグローブの基礎知識

グローブの基礎知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイク用グローブの目的・種類・選ぶ時のポイント

トップページ > ライディング用品を選ぼう > バイク用グローブの基礎知識

バイク用グローブは、バイクを快適に運転する目的で作られているグローブのことです。

バイクを運転する時は、自分の手を衝撃やケガから守る為、トラックの排気ガスの汚れから守る為、適温に保温する為に着用することをおすすめします。

バイク用グローブは春夏用と秋冬用があり使われている素材が違うので両者の特徴をよく理解してください。

バイク用グローブを扱う時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイク用グローブを着用する目的

ライディング用品(グローブ)

バイクを運転する時にグローブを着用する目的は、ハンドルのグリップを長時間握った時の痛みや転倒した時などのケガから手先を守る為です。

バイクから転倒して手が地面とこすれると確実に皮膚がめくれて血が出てきますのでグローブを着用していればそのようなケガを防ぐことができますし、何かにぶつかった時の衝撃で骨にダメージが及ぶケガは拳と掌にプロテクターがついているとプロテクターがクッションの役割をして防ぐことができます。

また、クラッチやブレーキレバーを長時間握る動作をしたりグリップから走行時の振動が伝わってきて手が痛くなってきますので、グローブを着用していれば痛みを和らげる効果もあります。

手先をケガから保護する他には、手が汚れるのを防いだり手の体温を適温に保つ目的もあります。

バイクを運転しているとどうしてもトラックなどの排気ガスで手が真っ黒に汚れるのですが、その汚れを防いでくれたり、冬などの寒い季節ではグローブを着用することにより手がかじかんで動きが悪くなるのを防いでくれます。

このように、バイク用のグローブの主な役割は、バイクで走行中にバイクから転倒した時や何かにぶつかった時に手をケガから守ってくれることと保温することですが、バイク用のグローブには次のように2つの種類があります。

  • 春夏用のグローブ
  • 秋冬用のグローブ

各グローブにより生地の厚みは様々で適応温度が異なりますので、季節に合わせて使い分けてください。

上の写真のグローブは夏用のハーフグローブといわれるものです。指先がなく素材がメッシュタイプなので暑い夏にぴったりです。

なお、軍手はグリップを握っていると滑りやすく危険ですので、バイク用のグローブを使うようにしてください。

スポンサーリンク

バイク用グローブの種類と特徴

バイク用のグローブは、主に、春夏用と秋冬用の2種類がありますので、快適にバイクを運転するには季節に応じてグローブを適切なものに替えることです。

したがって、春夏用と秋冬用の2種類のグローブを持っていればライディングがしやすくなります。

両者のグローブはどのような特徴の違いがあるのか見ていきましょう。

春夏用のグローブの特徴

春夏用のグローブは、グローブの生地の厚さが薄く作られていますので、秋冬用よりも通気性が良く蒸れにくく操作性は優れています。

この季節に適したグローブには、夏専用のハーフグローブやメッシュ素材を使ったものがあります。

  • ハーフグローブ:指の第二間節までの長さのグローブのことで長時間の運転でも疲れにくく操作性は抜群です。
  • メッシュ素材:はめ心地や通気性がとても良く、蒸れにくく涼しいのが特徴です。

フィット感は素晴らしく抜群で、操作性もかなりいいですので夏はハーフグローブやメッシュ素材のグローブを使われることをおすすめします。

秋冬用のグローブの特徴

冬にグローブを着用しなくて運転すると指がかじかんでブレーキ・クラッチレバーの操作がしにくいですよね。

秋冬用のグローブは、グローブの生地の厚さが春夏用よりも分厚いですので操作性が悪いですが、雨の侵入を防いだり、風を防いでくれますので走行風で手がかじかんでしまうのを防いでくれ快適に運転できます。

防寒・防水・防風対策が施されているグローブを着用すれば手先が保温されて快適に運転できるようになりますので、透湿防水素材などが使われているグローブがおすすめです。

最近では、電熱グローブといって電熱線に電気を流した時に発生する発熱を利用して温めるものが気温が低い季節に役立つということで人気があります。

なお、価格が安いグローブは指先の保温性が悪く必ず冷たくなるので注意してください。

バイク用グローブを選ぶ時のポイント

グローブを選ぶ時に気を付けることは、春夏用のグローブでも秋冬用のグローブでも次の4点を確かめてください。

  1. 操作性:指は違和感なく動くか
  2. フィット感:はめ心地は良いか
  3. プロテクター:手の甲の部分にクッションがついているか
  4. 滑りにくい:手の平の部分に滑り止め対策がしてあるか

グローブは大きくても小さくてもダメでジャストフィットしているものが適しています。

なぜなら、自分の手にフィットしているグローブは指が動きやすいので、ブレーキレバー・クラッチレバー・アクセル・ウインカーの操作がしやすいからです。

また、最近は、グローブを着用したままでスマホの操作ができる素材なのかもグローブ選びでは重要になってきます。

グローブの価格は素材や作りにより高いのから安いのまで様々なものがありますので、操作性とフィット感を確認しながらバイク用品店などに行って実際にグローブを手にはめてみて、自分の手に合っているのかはめ心地を確かめてから購入することが大切です。

グローブは絶対に必要なライディング用品ではないのでグローブを着用しなくてバイクの運転をしても構いませんが、夏は夏用のメッシュタイプ、冬は冬用の防水・防寒タイプといったグローブを着用した方が快適に運転できるので手をグローブで保護して運転することをおすすめします。

春・夏用の涼しいグローブをお探しの方は、バイクツーリング用のグローブの使い方と選び方を参考にしてください。

ライディング用品の関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク