本文へスキップ

バイクに快適・安全に乗るためのジャケットの役割と選び方

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

ジャケットの役割と選び方

ジャケットについて

役割:ジャケットは、転倒などによるケガから身体を守ります。

ジャケットの説明

ジャケットの主な役割は、

  • バイクで走っている時の暑さや寒さを和らげる
  • バイクから転倒したときや何かにぶつかったときに身体をケガから守ってくれる
  • トラックなどの排気ガスにより服が汚れるのを防ぐ

などの働きをします。

バイク用のジャケットは肩や背中にプロテクター(パッド)という身体を保護するものが装備されていますので、ジャケットを着て運転した方が安全にバイクライフを楽しむことができます。

突然何かの拍子に事故に巻き込まれることも考えられますので、バイク用のジャケットを着て運転された方がいいと思います。

また、バイク用のジャケットは、革かナイロン素材でできているものが多く、主に春夏用と秋冬用の2種類に分かれていますので、季節に合わせて着用するようにしてください。

スポンサーリンク

ジャケットの種類と選び方

バイク用のジャケットには、春夏用と秋冬用の2種類があります。

春夏用と秋冬用のジャケットで何が違うのかというと、風通しがよく涼しい作りになっているのか、寒さから身体を守ってくれる保温性がよいのかの違いです。

なお、ライダーにとって気になる機能のプロテクターはバイク用のジャケットならどちらにも付いていますので安心してください。

春夏用のジャケット

風通しを良くして、快適にバイクの運転ができるようにしたタイプです。
肩や背中にプロテクターが装備されていますので安全に運転できます。

また、ジャケットには夏専用のメッシュタイプになったものがあります。
夏に春や秋冬用のジャケットを着ていては体が熱すぎて汗だくになりますので、風を通す仕組みになっているメッシュタイプのジャケットを着れば涼しく乗ることができます。
肩や背中にはプロテクターが装備されていますので安全面は問題ありません。

秋冬用のジャケット

プロテクターが付いていますので体を守ってくれます。安全にバイクを運転できることはもちろん、その他では寒さと走行風から身を守ってくれます。

秋冬用のジャケットでも、防風対策と保温機能がしっかりしていないジャケットはバイクで走っているときの走行風が寒すぎて運転が辛いと思います。

最近では、電熱ウェアといって、ジャケットに電熱線が通してあって電気の力で身体を温めるものが人気があります。
電熱ウェアは、バッテリーから直接電気を供給するものと充電式のものがあります。

バッテリーにつなぐタイプは、バッテリーのプラスとマイナスの端子に専用の接続コネクタを結線して使います。

充電式のタイプは、家庭のコンセントで専用の電池を充電して使います。
ものによりますが、満充電の状態で5時間くらい温めることができます。

電熱線を使ったウェアは、ジャケット、ベスト、グローブ、ズボンなど全身に対応していますので、特に寒がりの方にはおすすめです。

ジャケットを選ぶときのポイント

自分の身体のサイズに合ったものを選んでください。
大きいジャケットはバイクで走行中に風でばたつきますし、小さいジャケットでは窮屈すぎて運転しにくいです。

バイク用のジャケットは安い買い物ではありませんが、安全にバイクを運転するためにも1着選んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク