バイクに快適・安全に乗る為のバイク用シューズの種類・特徴・選び方

シューズの基礎知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイク用シューズの目的・種類・選び方

トップページ > ライディング用品を選ぼう > バイク用シューズの基礎知識

バイク用シューズは、バイクを安全・快適に運転する目的で作られている靴のことです。

バイクを運転する時は、ギヤチェンジのしやすさ、自分の足を衝撃やケガから守る為に着用することをおすすめします。

バイク用シューズは、ライディングシューズ、ツーリングブーツ、ショートブーツがあるので特徴をよく理解して選んでください。

バイク用シューズを扱う時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

バイク用シューズを着用する目的

バイク用ライディングシューズ

バイク用シューズは、バイクを運転することを主とした目的に作られていますので、快適にバイクを運転することができ、その上耐久性も高くケガの防止に役に立ちます。

街中の靴屋さんで売っている普通の靴を履いてバイクを運転すると、ギアをシフトアップする時は、靴のつま先でチェンジペダルを引き上げるのですが、シフトアップ時に靴のつま先がへこんで足が痛くなったり、くるぶしのあたりがこすれて破れてきたりします。

普通の靴では耐久性があまり高くありませんので、バイクの運転を少ししただけで靴に穴が開いたりして傷んでしまいます。

それに対して上の写真は、バイク用シューズのレーシング風のツーリングブーツです。つま先当たりが補強されていますよね。

バイク用シューズは、普通の靴と違い各部が補強されているのでバイクの運転が安全にできるのです。

また、 運動靴を履いてバイクを運転して走行中に転倒したら地面との摩擦で靴はぼろぼろに破れてしまい大けがをしますので、安全の為にもバイク用のシューズを履いて運転した方がいいですし、バイク用のシューズを履いて運転すると足が疲れにくくもなり快適に運転できるようになります。

バイクを快適に運転する為に、そして、バイクを完全に楽しむ為にもバイク用シューズは着用することをおすすめします。

スポンサーリンク

バイク用シューズの種類と特徴

バイク用シューズはいろいろありますが、主に次の3種類に分けられます。

  • ライディングシューズ
  • ツーリングブーツ
  • ショートブーツ

それぞれのシューズは、使用用途によってデザインが異なっていますので、目的にあったものを選んでください。

ライディングシューズ
ライディングシューズは、見た目がバイク用の靴という感じはしなく、街中でよく見かけるスニーカーのように気軽に履けるようなデザインになっています。
ツーリングブーツ
ツーリングブーツは、バイクの運転を長時間しても疲れないような作りになっています。
靴の丈は長く補強箇所が多いので、いかにもバイク用のブーツという感じです。
ショートブーツ
ショートブーツは、ちょっとした街乗りからロングツーリングまで幅広くカバーできます。
靴の丈はツーリングブーツよりも短いので見た目は気になりません。

その他のシューズとしては、サーキットなどを走るために安全を追及したレーシングブーツオフロードを走るために頑丈に作られたオフロードブーツがあります。

このように、バイク用のライディングシューズ、ツーリングブーツ、ショートブーツを履けば安全・快適にバイクの運転ができます。

バイク用シューズを選ぶ時のポイント

バイク用シューズはいろいろなデザインがあります。バイク用シューズを選ぶ時に気を付けることは、次の4点を確かめてください。

  1. 履き心地は良いか?
  2. 動きやすいか?
  3. ちょうどいい大きさか?
  4. 雨を弾いてくれるか?

また、ギアチェンジの時にシフトペダルが当たるところが補強されているのかも見た方がいいと思います。

バイクを街中で普通に乗られる方は街中を歩くのに適したライディングシューズ、ツーリングがメインの方はツーリングブーツやショートブーツを選ばれるのがおすすめです。

シューズの選び方はわかったと思いますが、突然の雨でシューズが濡れたら困りますよね。雨の日にシューズの上から履いて濡れるのを防ぐレインシューズカバーがあることをご存じでしょうか。

少しくらいの雨ならヘッチャラと頑張ってしまい結局シューズがベタベタに濡れるというライダーは多くないですか?

ツーリングに長靴を持って行くと邪魔になりますし、長靴を履いて運転するわけにもいかないので、ビニールでできたレインシューズカバーをシューズを履いたまま被せてもらうとシューズは濡れずに運転ができます。

雨が降ったらシューズは濡れてしまうのでレインシューズカバーは持っていた方が役に立ちます。折りたためばコンパクトに収納できるので、雨が降ってきたら被害が少い内に早めに装着することをおすすめします。

スポンサーリンク

ライディング用品の関連ページ

スポンサーリンク