バイクツーリングで利用する宿泊場所

バイクツーリングの宿泊場所の知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクツーリングで泊まる宿泊場所

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイクツーリングの宿泊場所

バイクツーリングで宿泊する時はどこに泊まればいいんだろうと悩んだ事はありませんか?

私も昔はよくわかりませんでしたが、いろんな場所に旅をしていくとホテルや旅館の他にも、ユースホステル、ライダーハウス、キャンプ場などがあることがわかり活用して旅行をしていました。

ここでは、バイクツーリングの宿泊で活用する、ホテル、キャンプ場、ユースホステル、ライダーハウス、野宿について簡単に紹介します。

目次

バイクツーリング時の宿泊方法

いろいろある宿泊施設

宿泊を伴ったバイクツーリングでは、日が暮れてから泊まる場所に頭を悩ませるものですよね。

車を使って旅行をする場合はホテルなどのような宿泊施設に泊まらなくても車の中で座席を倒して寝ることができますが、バイクを使って旅行をする場合は車と違って閉じられた空間がありませんので、宿泊施設に泊まるのか又は野宿をして1晩過ごすのかのどちらかの方法をとることが普通です。

車で旅行する時で車中泊しない時はホテルや旅館に泊まることが一般的ですが、バイクツーリングで利用する宿泊施設はどのようなところがあるのかというと、

  • ホテル
  • 旅館
  • ユースホステル
  • ライダーハウス

などがあります。

ユースホステルとはホテルや旅館よりも宿泊料金が安い安宿、ライダーハウスとは主にバイクの旅行者の為に運営している安宿のことです。

ユースホステルやライダーハウスは食事付きでも素泊まりでも宿泊できます。宿泊料金が安いので活用してみてください。

では、野宿する場合はどこに泊まればいいのかというと、

  • キャンプ場
  • 道の駅(野宿が禁止になっていることもあります)
  • 公園

などが思い浮かびます。

野宿する場合は、テントを設営してテントの中で寝たり、ベンチの上で寝袋で寝ることになります。

なお、野宿は基本的に屋外で寝ることになるのでキャンプツーリングの経験がないライダーさんにはおすすめできませんし、最近は物騒なのでキャンプ場以外では野宿しない方がいいと思います。

それぞれの宿泊方法(宿泊施設に泊まるか、野宿するのか)によって、宿の特徴や宿泊料金が違ってきますので自分の旅行スタイルに当てはまる方法を見つけてください。

スポンサーリンク

利用目的別のおすすめの宿泊場所

バイクツーリングが初めてのライダーさんは、どこに泊まればいいのかわかりませんよね。

バイクツーリングの宿泊場所を少しでも自分の旅の目的に合ったところで泊まる為に利用目的別にまとめました。

ホテル、キャンプ場、ユースホステル、ライダーハウス、野宿という宿泊方法を活用して楽しいバイクツーリングにしてください。

温泉や料理などを豪華に楽しみたい方

バイクツーリングの楽しみの1つである宿泊先を豪華にしたい方は、ホテルや旅館に宿泊しましょう。

ホテルの立地条件によっては、山からの眺め、川のせせらぎ、海の一望を楽しむことができます。

ホテルや旅館の自慢の温泉に入って疲れを取って、美味しい食事をした後は、ふかふかの布団やベッドに入って1日の疲れを解消しましょう。

詳しくはこちら、ホテルについてを見てください。

大自然の中で泊まりたい方

宿泊施設といってもホテルや旅館のように建物の中に泊まるのではなく、大自然の中で鳥や虫の鳴き声を聴いてのんびり一夜を過ごしたい方はキャンプ場を利用してください。

キャンプ場とは利用料金を払って野宿する場所のことです。キャンプ場では、バンガローを借りたり持参したテントをキャンプサイトに張って、テントの中に入って寝袋を布団がわりにして寝ます。

普段の日常生活では経験できないことが体験できますので、テント寝袋シュラフマットをバイクに積んでキャンプツーリングを楽しんでください。

詳しくはこちら、キャンプ場で宿泊するを見てください。

宿泊料金を安く抑えたい方

ホテルや旅館を利用すると宿泊料金が高くなりますが、リーズナブルに宿泊したい方はユースホステルを利用してください。

ユースホステルは1泊素泊まり3000円くらいで泊まれる宿泊施設なので宿泊費を節約したい長期間ツーリングを予定している方におすすめです。部屋のタイプは相部屋が基本で2段式のベッドか布団を使って寝ます。

ユースホステルは全国にありますので活用してみてください。

詳しくはこちら、ユースホステルについてを見てください。

宿泊料金を安く抑えつつ、バイクツーリングの情報交換をしたい方

宿泊料金を節約したいならユースホステルがおすすめですが、宿泊料金を安くしてバイクツーリングのいろいろな情報交換もしたい方はライダーハウスを利用することをおすすめします。

ライダーハウスとはバイクで旅行をしている方が泊まる宿(最近は、車や自転車、徒歩の旅人もいます)のことで、旅人同志で様々な情報交換ができます。部屋のタイプは、個室もありますが相部屋が中心で、布団を貸してもらったり、自分が持ってきた寝袋を使って寝ます。

昔に比べるとライダーハウスの数は激減していますが、ユースホステルのように全国にありますので活用してみてください。

詳しくはこちら、ライダーハウスという宿泊施設を活用するを見てください。

宿泊料金を無料(0円)にしたい方

宿泊料金を浮かせたい方は、宿泊施設に泊まらずに野宿するという方法を検討してください。

野宿とは、屋外で寝る(テントの中で寝袋を使ったり、ベンチの上で寝袋を使ったり)ことで、野宿する場所としては道の駅や公園などの空き地で野宿をして寝ます。

キャンプ場以外で野宿が初めての方は比較的安全な道の駅がおすすめですが野宿が禁止になっている道の駅もあります。なお、安全の為に野宿に慣れていない方は絶対に野宿しないでください。

詳しくはこちら、道の駅・公園などを見てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク