バイクのキャンプツーリングで使うキャンプの宿泊用品(テント)の使い方と選び方

テントの使い方と選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

キャンプ用品(テント)の使い方と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイク旅行で使うテントの使い方と選び方

テントは、アウトドアで家の居住空間の役割をする道具です。

キャンプツーリングに行ってキャンプ場で宿泊される方は、寝袋・シュラフマットと共にテントを用意してください。

アウトドア用品店に行くといろいろなテントが並んでいますが、ドーム型とロッジ型の違い、収容人数の違いで収納サイズ・重さが変わってきますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

テントの使い方と選び方の基礎知識を紹介します。

目次

キャンプツーリングで使うテント・寝袋・シュラフマットの概要

テント、寝袋、銀マット

キャンプツーリングやバイク旅行に行って、キャンプ場に泊まったり野宿などをして寝ようと考えている方は、テント(上の写真の左のもの)、寝袋(上の写真の真ん中のもの)、シュラフマット(上の写真の右のもの)というキャンプで使う宿泊用品が最低限必要になるので準備しましょう。

キャンプで使う宿泊用品(テント、寝袋、シュラフマット)の主な役割は次の通りです。

  • テント:雨や風をしのいだりして家の役割をします。
  • 寝袋(シュラフ):快適に寝れるようにふとんの役割をします。
  • シュラフマット:地面のゴツゴツや地面からの冷気を和らげ快眠をサポートする役割をします。

キャンプ用品はいろいろなメーカーから価格が高いものから安いものまで販売されていますが、価格が高いものを選べばいいわけではありません。各人の旅行スタイルに応じて選ぶことが正しい選び方です。

テントを選ぶ時の注意点としては、

  • テントの大きさによって収容人数が変わる
  • 収容人数が同じでも収納サイズや重さが変わる

ということが挙げられます。何人寝れるかという収容人数とバイクに積む時の収納サイズに気をつけて目的に合ったものを選びましょう。

それでは、キャンプツーリングで使う宿泊用品(テント)の使い方と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テントの使い方と選び方

キャンプで使うテント

テントは、キャンプ場で宿泊する時、道の駅で野宿する時などに使う道具です。

テントの構造は、テントの収納袋に入っているテントポールを骨組みとして、インナーテントとフライシートを組み立てて居住空間を作り、その空間の中で寝ます。

上の写真で説明すると、左が2人用のドーム型テント、右が1人用のドーム型テントです。1人用のテントの方が収納サイズはコンパクトです。

最近のドーム型テントは、初心者の方でも簡単に組み立てることができるように設計されていますので組み立て手順を覚えれば大丈夫です。

テントの選び方

テントを選ぶ時は、テントの種類と収容人数を考えて選んでください。

キャンプ用品店に行くと、いろいろなテントが陳列されていますが、テントは主にドーム型とロッジ型に分類されます。

ドーム型のテント

ドーム型は、組み立て時にインナーテントの上に雨よけ用のフライシートをかけるタイプです。ロッジ型よりも居住空間は狭いですが、10分くらいあれば簡単に組み立てたりばらしたりできます。また、小さく収納ができ、おまけに軽量で持ち運びが楽なので荷物を積むスペースが少ないバイク旅に向いています。

ロッジ型のテント

ロッジ型は、組み立てた時の室内空間はとても広いですが、収納した時のサイズがドーム型よりも大きいので荷物がかさばってしまいバイク旅に使うのは向いていません。車にテントを積んで移動できる方は使ってみてください。

どちらの型のテントがバイクツーリングに適しているのかというと、コンパクトに収納できるドーム型テントの方です。

また、収容人数により収納サイズや重量が違ってくるので、バイクでのキャンプツーリングでテントを選ぶ時のポイントは、持ち運びが容易な1人用か2人用を選ぶことです。

テントは大きければ室内空間が広くなるので快適に過ごせれますが、バイクにテントが積めなければ購入する意味がありません。バイクにテントを積むことを考慮して目的に合った収容人数のテントを選んでください。

つまり、キャンプツーリングをする方で、どのテントを選んだらいいのかわからない方は、1〜2人用のドーム型テントを選べば大丈夫です。その他に、バイクにテントを積むことを考えて作られたツーリング用の軽量コンパクトになっているテントも販売されています。

テントを購入する時の注意点

テントを作っているメーカー名を1度は聞いたことがあるメーカーが作っているテントなら問題ありませんが、ホームセンターやインターネットなどに売っている初めて耳にするメーカーで価格が安いテントを購入される場合は、数回使うと縫い目から雨漏りがしてきますので、安い値段の商品を選んだ方がいいのか高い値段で高性能の商品を選んだ方がいいのかよく考えてから購入してください。

ソロキャンプツーリングで使うおすすめのドーム型テント

キャプテンスタッグ ツーリング用 テント UV 2人用 リベロM-3119>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

バイクのキャンプツーリングで使うテントは、バイクに積むことができる荷物のスペースが限られているので小型・軽量のテントが望ましいです。

私がおすすめするテントは、キャプテンスタッグのツーリング用テント2人用(リベロM-3119)です。

リベロは、軽量で小型の収納と簡単に設営できることが特徴のバイクツーリング用のテントです。2人用のテントなので室内に荷物を置いても寝る場所は確保でき天井も高いので居住空間としては過ごしやすいです。

また、ベンチレーション機能もありインナーテントの通気性が良く、フライシートで出入り口前に前室を作ることができるので、靴や荷物を置くスペースとして利用できます。

キャンプをすることが初めての方は、どのようなテントが自分に合っているのかわからないと思うので、高価なテントを購入するよりも、まずはリーズナブルなテントを使ってキャンプに慣れてください。

テントに望むことは各ライダー違いますよね。テントを使いこんでいくと自分に適したテントはどれなのか選べるようになるので、それから高価なテントにグレードアップするのが賢い購入方法です。

キャンプツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク