バイクのキャンプツーリングで使うキャンプの自炊道具(アウトドア用のクッカー)の使用用途と選び方

クッカーの選び方を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

キャンプ用品(アウトドア用のクッカー)の使用用途と選び方

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイク旅行で使うクッカーの使用用途と選び方

クッカーは、お湯を沸かしたり料理を作る時の鍋の役割をする道具です。

キャンプツーリングでお湯を沸かしたり料理を作る方アウトドア用のクッカーを用意してください。

アウトドア用品店に行くといろいろなクッカーが並んでいますが、材質の違いで熱伝導率、強度、重さが異なってきますので製品の説明をよく読んでから選んでください。

クッカーの使用用途と選び方の基礎知識を紹介します。

目次

キャンプツーリングで使うクッカー・ガスバーナー・ガスボンベの概要

キャンプで使う自炊道具

キャンプツーリングやバイク旅行に行ってキャンプ場などで自炊をしてご飯を炊いたり、お湯を沸かしたり、食材を買ってきて料理を作ったりしてみようと考えている方は、キャンプで使う最低限必要な自炊道具として、

の3点を揃えてください。

クッカー、ガスバーナー、ガスボンベという自炊道具の役割を説明すると次の通りです。

  • クッカー:食材を入れて火にかける時の鍋として使います
  • ガスバーナー:ガス火を使って料理する時に使います
  • ガスボンベ:ガス火の燃料として使います

クッカー、ガスバーナー、ガスボンベには、価格が安い商品から高い商品までいろいろな種類があります。価格が高いからといって決して使いやすい商品とは限らないので、自分の旅行スタイルの目的に応じて使い分けてください。

クッカーを選ぶ時の注意点としては、次のことが挙げられます。

  • 材質によって熱伝導率(熱の伝わりやすさ)が違うので温まる時間が変わる
  • 材質によって強度と重さが変わる

このように、材質の違いで性能が大きく異なってくるので、商品の説明文をよく読んでから選んでください。

また、バイクには荷物を積むスペースが限られているので、重量とサイズを意識して選ぶといいです。

それでは、キャンプツーリングやバイク旅行で使うアウトドア用の自炊道具(クッカー)の使用用途と選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

クッカー(コッヘル)の使用用途と選び方

キャンプで使う飯盒とクッカー(コッヘル)

クッカーの使用用途は、キャンプツーリングのツーリング先で、

  • お湯を沸かしてコーヒーや紅茶を淹れて休憩する
  • 袋に入ったインスタントラーメンを作って食事する
  • ご飯の上にかけるカレーなどのレトルト食品を温める

という目的で使うのが定番です。

その他の使い方としては、スーパーで食材を買ってきて炒めものを作る、卵をゆでてゆでたまごを作る、ご飯を炊くこともできるので使い方はいろいろあります。
※ご飯は普通のクッカーでも炊けますが、キャンプ初心者の方がご飯を炊くなら簡単に炊ける飯盒の方が適しています。

また、クッカーではなく金網の上で肉やシーフードを焼く人もいますので金網と台もあれば便利です。

つまり、クッカーは食事を作ったり一服するコーヒを淹れる時に鍋の役割をするものです。家庭のキッチンで使っている鍋でも代用できますが、バイクに積むスペースは狭いのでアウトドア用の小さいクッカーの方が持ち運びはいいです。

クッカーの選び方

クッカーは料理を作る時に必要となる自炊アイテムです。みなさんは、クッカーを購入する時は製品に使われている素材を見て選んでいますか?

クッカーの素材は、主に、アルミ、ステンレス、チタンの3種類が使われていて、それぞれの素材で次のように特徴が異なるので、素材を見て選ぶことはとても重要です。
※上の写真で説明すると、左側がアルミ素材のはんごう、右側がチタン素材のクッカーです。

  • アルミ:熱伝導率は良いがぶつけるとすぐにへこむ
  • ステンレス:熱伝導率は悪い。重たいが丈夫
  • チタン:熱伝導率は悪いが軽量で丈夫。ぶつけてもへこまない

アルミ素材のクッカーは熱伝導率がとてもいいので、クッカー全体に熱がすぐに伝わっていくのに対して、ステンレスとチタン素材はアルミより熱伝導率が悪いため焦げ付きやすく熱が伝わるのに時間がかかります。ですので、アルミ素材を使うことによりガスの節約にもつながります。

しかし、熱伝導率が悪いステンレスやチタンは、強度が強く丈夫という良いところがあります。また、チタンは重量が非常に軽いという素材なので荷物の軽量化につながります。

クッカーを選ぶ時のポイントは、大きさと素材を確認して選ぶことです。

くれぐれも、チタンはかっこよさそう、ステンレスは輝きが好きなどという見た目の理由だけで選らばないでください。

どれを選んだらいいのかわからない方や素材にこだわりがない方は、熱伝導率が良いアルミ素材のクッカーを購入すれば後悔しません。荷物を少しでも軽量化したい方は、重さが軽いチタン素材のクッカーを購入しましょう。

ソロキャンプツーリングで使うおすすめのアウトドア用のクッカー

スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008>アマゾンはこちらから

>楽天市場はこちらから

私がおすすめするソロキャンプツーリングで使うクッカーは、スノーピーク(snow peak)のトレック900(SCS-008)という深底型タイプのアルミ素材のクッカーです。

トレック900(SCS-008)は、アルミ素材でできているので熱伝導率は良く、クッカーの容量は、鍋が900ml、フタが250mlなので、鍋でインスタントラーメン、ふたでコーヒーが作れる大きさです。
※インスタントラーメンは半分に割らないとクッカーの中に入りません。

また、収納時はクッカーの中にガスボンベが収納可能な大きさなので荷物がかさばらずにすみます。

キャンプ初心者の方は、扱いやすいアルミ素材のクッカーからアウトドアクッキングの世界へ入ることをおすすめします。

キャンプツーリング用品を揃える関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク