バイクのトラブルに備えてバイクツーリング(旅行)に持って行った方がいい工具とは

工具の知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクツーリングに持って行くと役に立つ工具とは

トップページ > バイク旅行の準備を始めよう > バイク旅行に持って行くと役に立つ工具とは?

バイクのボルトやネジを回す時は工具が必要です。

バイクを購入した時は車載工具が積んであることが普通ですが、積んでなかった方は工具(コンビネーションレンチ、六角レンチ、プラスドライバー、マイナスドライバー、プライヤー)を用意してください。

工具は、バイク用品店、ホームセンター、100円ショップで購入できます。

バイクツーリング中のバイクの修理に使う工具で覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

ツーリング(バイク旅行)に工具は必要なの?

みなさんは、バイクを新車や中古車で購入すると、工具が初めからバイクに積んであることをご存じでしょうか?

工具はどこに入っているのかというと、バイクのシートを開けると簡易的な工具が入っています。この簡易的な工具のことを車載工具といって、ネジを増し締めするなどの簡単なメンテナンスをする時に使います。

ツーリングやバイク旅行に出かける方は、車載工具を持っていれば出先である程度は整備ができますので、車載工具をバイクに積んでおけば安心です。

もし、車載工具がバイクを購入した時に入っていなかったという方は、車載工具と同じような工具をバイクに積んでおいた方がいいと思います。

工具がバイクに積んであればいざというときに簡単なトラブルなら回避できるようになります。私は、ツーリングや日本1周中に何回かトラブルが起きた時に工具を積んでいたおかげですぐ補修できたことがあります。

例えば、私はツーリング中に次のようなトラブルが起きた経験があります。

  • ステップのボルトが緩んで外れかかっていたこと。
  • カウルを固定しているネジが緩んでガタついていた。
  • ブレーキが固着して走れなくなったこと。

その他にもいろいろなトラブルの経験はありましたが、工具を持っていたおかげでその場で補修して走れる状態にできました。

工具を持っていれば簡単な作業ならツーリング先でバイク屋を呼ばなくても直すことができますので大変役に立ちます。

スポンサーリンク

ツーリング中に持っていると安心できる工具

バイクでツーリングや旅行に行く時は、最低限必要な工具として次の5点の工具(コンビネーションレンチ、六角レンチ、プラスドライバー、マイナスドライバー、プライヤー)をバイクに積んでおくことをおすすめします。

旅行中に役に立つ工具:写真左からメガネとスパナが一緒になったコンビネーションレンチ、
六角レンチ(ヘキサゴンレンチ)、プラスドライバー、マイナスドライバー、プライヤー。
バイクツーリング中に役立つ工具(最低限必要な工具)

  1. コンビネーションレンチ
    コンビネーションレンチは、片側はメガネレンチ、もう方側はスパナになっている工具です。六角ボルトやナット(頭の形が六角形のボルトやナット)を回す時に使います。
    コンビネーションレンチはとても使い勝手はいいですが、メガネレンチは大きな力を加える時に、スパナは小さい力を加える時にというように使い分をしてください。
    ※スパナで大きな力を加えるとボルトの頭をなめてしまうので使う時は注意してください。
  2. 六角レンチ(ヘキサゴンレンチ)
    六角レンチは、キャップボルト(ボルトの頭が六角形の形をしてへこんでいるボルト)を回す時に使う工具です。六角レンチに似た工具で星形の穴のボルトを回すトルクスレンチがあるので間違えないようにしましょう。
  3. プラスドライバー
    プラスドライバーは、プラスネジ(ネジ山が+の形をしたネジ)を回す時に使う工具です。
    カウル付きのバイクではカウルを外す時によく使います。
  4. マイナスドライバー
    マイナスドライバーは、マイナスネジ(ネジ山が−の形をしたネジ)を回す時に使う工具です。使用頻度はあまり高くありませんが持っていた方が安心できます。
  5. プライヤー
    プライヤーは、物をつかんだり、つかんで回したりする時に使う工具です。
    蓋などが固くて開かない時に使うと簡単に開けることができるので持っていれば大変便利です。

上記の5点の工具はツーリングやバイク旅行に行かれる時はぜひ持って行った方がよい工具です。

エンジンが急に停止した、クラッチワイヤーが切れた、スターターモーターが壊れたなどは交換する部品がないと直せないトラブルですのでバイク屋に助けを呼ばないといけませんが、ボルトやネジを締め付ける程度の作業で直るトラブルならば車載工具か上記の5点の工具があれば十分対応できますので工具をバイクに積んでおけば損はしません。

ツーリング中に工具を持っていればトラブルが起きた時は非常に役に立ち安心できますし、軽度の不調ならばその場で工具を使って解決できるので路頭に迷わない為にもバイクに積んでおきましょう。

工具が購入できるお店と価格

バイクの工具は、バイク用品店やお住まいの近くのホームセンターで購入できますし、100円ショップでも購入できます。

バイク用品店やホームセンターでの各工具の価格は、

  • コンビネーションレンチセット:800円
  • 六角レンチセット:700円
  • ドライバー1本:300円
  • プライヤー:800円

くらいが目安です。

工具は価格が高い方が品質が良くなりますが、滅多に使わない工具に費用をたくさんかけたくありませんよね。

バイク用の工具はバイク用品店やホームセンターで購入することが普通ですが、工具費用を安く抑えたい方や工具メーカーにこだわりがない方は100円ショップの工具で十分ですので、工具を持っていない方は100円ショップの工具をツーリングに備えて揃えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク