本文へスキップ

バイクに快適・安全に乗るために必要なライディング用品の説明

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

バイクに快適安全に乗るためのライディング用品について

ヘルメットについて

バイクに乗るために必要なヘルメット

ヘルメットは道路交通法によって原付や自動二輪車で公道を走行するときは着用が義務付けられていますので、ヘルメットをかぶらずに運転するとおまわりさんに捕まってしまいます。
したがって、バイクに乗るためのはヘルメットは、公道で運転する時は絶対必要なライディング用品になります。

ヘルメットは値段が安いのから高いのまで様々な種類がありますが、値段にとらわれずにホームセンターで安く販売されているようなヘルメットを購入するのではなく、安全面のことを考えるとバイク用品店に売っている構造がしっかりしたヘルメットを購入した方がいいと思います。

私はバイクで60km/hくらいの速度で走っていたときに転倒して数十メートル道路を転がったことがありますが、安全性が高いヘルメットをかぶっていたおかげで顔や頭は大丈夫でした。しかし服は破れて足や手は血だらけでひざは肉が見えていました。

※ヘルメットは頭を守るために大事なものですので、流行りに流されずによく考えてから購入してください。

その他には、バイクに乗る時に着用した方が運転しやすくなるライディング用品は、次の4つです。

  1. グローブ
  2. バイク用シューズ
  3. ジャケット
  4. レインウェア
スポンサーリンク

グローブについて

バイク用のグローブの役割は、

  1. クラッチが固いバイクは、手が痛くなるのを抑えてくれる
  2. 冬などの季節で気温が低い時の寒さや、バイクから転倒したときのケガを防いでくれる
  3. トラックの排気ガスなどで手が真っ黒になるのを防いでくれる

などに役に立ちます。

冬は普通のグローブや電熱グローブで寒さを和らげて、夏は暑いのでメッシュグローブやハーフグローブなどで風通しをよくして快適に運転できるように様々な種類のグローブがあります。

バイク用シューズについて

バイク用の靴は、バイクのギヤがあたる部分が補強されていますので、ギヤチェンジがスムーズに行えます。

また、長距離の運転をする時などにも着用していると快適で疲れにくくなりますので、用意することをおすすめします。

ジャケットについて

バイク用のジャケットの役割は、

  1. 冬などの季節で低い気温による寒さや、バイクから転倒したときのケガを防ぐ
  2. バイクで走行している時の走行風が身体に当たって体力を消耗するのを防ぐ疲労
  3. トラックなどの排気ガスなどで、服が真っ黒に汚れるのを防ぐ

などの役に立ちます。

夏の暑さにお手上げの方はメッシュジャケット、冬が苦手な方は電気の力で温める電熱ジャケットがおすすめです。

レインウェアについて

レインジャケットは、雨に濡れて体が冷えるのを防いでくれます。
バイクに乗る時は突然の雨に備えて用意することをおすすめします。

バイク用のグローブ、シューズ、ジャケット、レインウェアは絶対に必要なものではないので好みでそろえてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク