本文へスキップ

バイクの免許の種類と運転できるバイクの排気量などの説明

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

バイク免許の種類と運転できるバイクの排気量の関係について

バイクの免許は7種類に分類されます

公道をバイクで走行するには、走行したいバイクの排気量に該当する区分の運転免許証が必要になります。

バイクの免許は、大型二輪、普通二輪、小型限定普通二輪、原付、AT限定大型二輪、AT限定普通二輪、AT小型限定普通二輪の7種類に分けることができ、それぞれの免許の種類によって運転できるバイクの排気量や取得可能な年齢が変わってきます。

排気量が小さいバイク(125cc以下のバイク)では、走行できる道路に制限があり、原付(50cc以下のバイク)では2人乗りは禁止で、スピードメーターは60km/hまで表示されていますが道路の制限速度は30km/hですので気をつけてください。

注意:51cc以上のバイクは2人乗りはできますが、免許取得から1年以上経過した場合に限ります。また、免許を取得して3年未満では高速道路での2人乗りはできません。2人乗りしていなくても20歳未満の方は高速道路を走行できません。東京都の首都高は2人乗り自体禁止している区間があります。
いろいろな交通規則がありますので2人乗りする時や高速道路を走行する時は事前に確認してください。

なお、公道をバイクで走行するにはヘルメットを着用することが義務付けられています。くれぐれもノーヘルで運転しないようにしましょう。

バイクのMT(マニュアル)免許の種類

大型二輪免許

運転できる排気量:すべての排気量のバイク
取得できる年齢:18才以上
説明:大型二輪免許を持っていても125cc以下のバイクの運転時は、高速道路、自動車専用道路は走行できません。50cc以下のバイクでは2人乗りは禁止で制限速度は30km/hです。51cc以上のバイクでは一般道の制限速度は60km/hです。126cc以上のバイクでは高速道路の制限速度は100km/hです。

普通二輪免許

運転できる排気量:400cc以下のバイク
取得できる年齢:16才以上
説明:普通二輪免許を持っていても125cc以下のバイクの運転時は、高速道路、自動車専用道路は走行できません。50cc以下のバイクでは2人乗りは禁止で制限速度は30km/hです。51cc以上のバイクでは制限速度は60km/hです。126cc以上のバイクでは高速道路の制限速度は100km/hです。

小型限定普通二輪免許

運転できる排気量:125cc以下のバイク
取得できる年齢:16才以上
説明:高速道路、自動車専用道路は走行することはできません。50cc以下のバイクでは2人乗りは禁止で制限速度は30km/hです。51cc以上のバイクでは制限速度は60km/hです。

原付免許

運転できる排気量:50cc以下のバイク
取得できる年齢:16才以上
説明:2人乗りはできません。高速道路、自動車専用道路は走行することはできません。制限速度は30km/hです。50cc以下のバイクならマニュアルでもATでも運転することができます。また、車の普通免許を持っていれば原付免許を取得しなくても運転することができます。

バイクのAT(オートマチック)免許の種類

AT限定大型二輪免許

運転できる排気量:650cc以下のバイク
取得できる年齢:18才以上
説明:AT限定大型二輪免許を持っていても125cc以下のAT限定バイクの運転時は、高速道路、自動車専用道路は走行できません。

AT限定普通二輪免許

運転できる排気量:400cc以下のバイク
取得できる年齢:16才以上
説明:AT限定普通二輪免許を持っていても125cc以下のAT限定バイクの運転時は、高速道路、自動車専用道路は走行できません。

AT小型限定普通二輪免許

運転できる排気量:125cc以下のバイク
取得できる年齢:16才以上
説明:高速道路、自動車専用道路は走行することはできません。

用語説明

AT限定とは、オートマチックトランスミッションを積んだバイクのことです。
(自分でクラッチ操作をせずに走行状態に応じて自動でギアを入れ替えてくれるバイク)

免許の種類と免許の取得の流れは下のホームページに詳しく書かれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク