バイクに乗る時の魅力

バイクの魅力を覚えて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクに初めて乗る時の魅力

トップページ > バイク免許を取得しよう > バイクの魅力

バイクの魅力は清々しい風を全身に受けて爽快な気分で走ることです。

しかしながら、人それぞれバイクに乗って感じる良いところと悪いところが違います。

ここでは、バイクに乗るとこんな魅力があるところないところについて説明していきます。

目次

バイクの魅力って何ですか?

海が見える景色

オートバイの魅力は、なんといっても清々しい風を受けて走っていると気持ちがいいことではないでしょうか。

それだったら車で窓を開けて風を受けて走ればいいのではないかと思われるかもしれませんが、つま先から頭まで全身で風を感じて走ることは車では味わうことができません。

バイクでいろいろな季節を走ってみると、

  • 春:快適
  • 夏:暑くて倒れそう
  • 秋:快適
  • 冬:寒くて凍えそう

というように、季節によってライディングの感じ方が違います。また、晴れの日は運転しやすいけど雨の日は運転しにくいように天気によってもライディングの感じ方が違ってきます。

バイクが好きになれば、どんな季節でも天気でもエンジンの音を聞きながら走ってみると楽しいものです。強いて言うなら夏の晴れた日に北海道の大自然の中をバイクで走っていると爽快感が素晴らしいです。

風を感じて走る他には、バイクを操ることも楽しみの1つではないでしょうか。

バイクは無理やりハンドルを回して運転する乗り物ではなく、曲がりたい方向に体重を移動させることによってハンドルが適切に自動的に動いて身体で操っていく乗り物です。

ですので、バイクには人車一体という言葉がよく似合います。

しかしながら、バイクを維持するには費用が掛かってしまいますので、バイクに乗っていましたが何かの事情でバイクに乗ることをやめてしまい、数十年経過してお金に余裕ができたらバイクに戻ってくるオジサンリターンライダーも見えます。

人それぞれ感じ方は異なりますが、バイクには魅力的なところとそうでないところがありますので、それぞれの特徴をよく理解した上でバイクに乗るようにしてください。

バイクの魅力なところ

バイクが魅力的なところは運転していて爽快感があり楽しいところです。バイクの魅力的なところは主に、

  • 走っていると爽快感がある
  • 屋根がついていないので開放感がある
  • すり抜けていけばいいので渋滞を気にする必要がない
  • 地方ではどこにでも駐車できるので駐輪場を探す必要がない
  • 細い道でも苦労せず走れる

などのような、機動性が良いことが挙げられます。

バイクの不向きなところ

バイクが良くないところは雨の日や冬の季節に運転することです。バイクの良くないところは主に、

  • 運転は天候に左右されやすい
  • 雨の日はレインコートが必要
  • 転倒すると大けがになる確率が高い
  • 夏はバイクのエンジンの熱でとても熱く感じる
  • 夏は太陽の熱で全身が暑い

などのような、天候や季節によるものが大きく影響します。

バイクは通勤で使う方もいますが、趣味で休みの日に旅行(ツーリング)で使うライダーの方が多いです。バイクに乗ることに興味を持っていらっしゃる方はバイクの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

バイクの免許の関連ページ

スポンサーリンク