バイクを購入する時のバイクメーカーを選ぶポイント

バイクメーカーの知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイクメーカーの選び方の基礎知識

トップページ > バイクを購入しよう > バイク購入時のバイクメーカーを選ぶポイント

日本のバイクメーカーは、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4つです。

海外のバイクメーカーは、ハーレーダビッドソン、BMW、ドゥカティなどが人気があります。

ここでは、日本のバイクメーカーと海外のバイクメーカーの特徴について説明していきます。バイクを選ぶ時の参考にしてください。

目次

バイクメーカーとバイクショップの選び方

日本のバイクメーカー

バイクの免許の取得ができましたら、次は、実際に乗りたいバイクのメーカー選びを始めましょう。

日本にはバイクを製造しているメーカーは、ホンダヤマハスズキカワサキの4社があります。

乗りたいバイクがすでに決まっている方は、そのバイクを購入すれば大丈夫です。乗りたいバイクがまだ決まっていない方やバイクのことは全くわからない方は、下の説明を参考にしてバイクを選ぶ時のポイントをつかんでください。

まず、バイクショップの種類には、次の2種類があります。

  • ホンダならホンダのバイクのみを扱っているホンダドリーム、ヤマハならヤマハのバイクのみを扱っているYSPというように、1つのメーカーに特化したバイクショップ
  • いくつかのメーカーのバイクを取り扱っているバイクショップ

扱っているメーカーが多いか少ないかの違いだけなのでどちらの種類のバイクショップでバイクを購入しても特に変わりはありませんが、メンテナンスに関してはどちらかといえば1つのメーカーに特化しているバイクショップの方が安心して任せられると思います。

次は、バイクメーカーによってバイクの個性や特徴が少し違ってきます。

例えば、一昔前では、

  • ホンダ、ヤマハ:素直で扱いやすいので万人向け
  • スズキ:個性的なデザインでマニア向け
  • カワサキ:クセがあって扱いにくいのでマニア向け

というように、メーカーによって多少運転感覚が違いますので試乗してから選ぶのが良いと思います。

この2点に注意してバイクを選んでもらうと、購入した後の後悔は少なくなります。

スポンサーリンク

日本のバイクメーカー

日本のバイクメーカーは、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキがあります。

以下で説明していることは、今のモデルのことではなく一昔前のモデルのことです。中古で昔のバイクの購入を考えている方には役に立つ情報だと思います。

ホンダ(Honda)

ホンダのイメージカラーは赤で、昔から優等生のバイクを作り続けている会社です。

ホンダのバイクはクセがなくどなたが乗っても運転しやすいように作られていますので、男性・女性関係なく安心して乗ることができます。
※教習所のほとんどのバイクはホンダ製なので教習所に通えばホンダのバイクの運転のしやすさがわかると思います。

一番の売りはアクセルと開けるとモーターのようにキュイーンという音と共に吹き上がるエンジンのスムーズさです。

とても素晴らしいエンジンの動きをしますし、バイク全体の作りには全くそつがありませんので、どのバイクを買ったらいいのかわからない方は、とりあえずホンダのバイクを購入すればハズレはありません。

有名なバイク:CB750Four

企業ホームページ:Honda バイク

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハのイメージカラーは、白地に赤、最近は青もあります。

昔は、F3000やF1にもエンジンを供給していた時期があり、エンジンを作ることに関してはホンダと並んで得意分野です。

ヤマハは、ハンドリング性能やエンジン性能などトータルバランスのよいバイクを作っています。1回試乗してもらえれば、運転しやすいことがわかると思います。

有名なバイク:XJR

企業ホームページ:ヤマハ発動機株式会社

スズキ(SUZUKI)

スズキのイメージカラーは青です。

ホンダやヤマハが優等生的なバイクを作っているのに対して、スズキは個性的なデザインのバイクをたくさん作っています。
※昔はデザインが変すぎて変態スズキなんて言われていた時代がありました。

デザインだけがスズキの魅力かというとそうではなく、いち早く可変バルブタイミング機構付きのエンジンをバイクに搭載したのはホンダ(CB400SF)ではなくスズキ(バンディット)です。

最近では、省燃費技術、ターボ技術、ハイブリッド技術などのようないろいろなテクノロジーを開発しています。個性的なデザインの中にしっかり最新技術も導入しているのがスズキのバイクです。個性的なバイクを探しているのならスズキがおすすめです。

有名なバイク:GSXカタナ

企業ホームページ:スズキ バイク

カワサキ(Kawasaki)

カワサキのイメージカラーはライムグリーンで、ホンダ、ヤマハ、スズキとは少しバイクの作りの路線が違います。

カワサキのバイクは、ものすごくクセがあり個性のかたまりです。昔は、「女はホンダ、男はカワサキ」といわれていた時代があり、男の人がよく乗っていたバイクです。男の人の中でもバイクを愛していて、壊れたら自分で直してやるというくらいの勢いがある人たちです。

昔のカワサキのバイクは、新車で購入しても少し乗るとエンジンはガラガラという音がしていましたし、アイドリングは常時不安定だったり、エンジンオイルがエンジンの隙間からにじんできたり、夏はエンジン冷却ファンがずっと回りっぱなしなどの様々な症状がでていても何事もないかのように動いているので、壊れているのかそういう仕様なのかよく分からないとことがとてもワイルド感がありました。

カワサキは、クセがあるバイクしか作っていないかといえばそうではなく、ZZRやNinjaのようなすばらしいバイクも作っています。

最近では性能が劇的に進化しましたので、昔のようなことはないと思いますが、旧車を購入する方は実物を試乗してから購入してください。男らしいバイクを探しているのならカワサキがおすすめです。

有名なバイク:Z、GPZ

企業ホームページ:株式会社カワサキモータースジャパン

海外のバイクメーカー

日本のバイクメーカーの他には、海外のバイクメーカーのバイクを乗っているライダーも日本ではよく見かけます。

海外のバイクメーカーはたくさんありますが、特に人気があるのは、ハーレーダビッドソン、BMW、ドゥカティです。

ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンは、アメリカのバイクメーカーです。

ハーレーといえば昔の型のバイクを悪っぽい年配者が乗っているイメージが有名ですよね。昔の型のバイクはドカドカという排気音と振動が大きすぎてエンジンのボルトが緩んでくるという常識ではありえない特徴を持ったバイクです。

しかし、最近のハーレーは振動が少ないスポーツ系のバイクも作っていますので年配者だけでなく若者にも人気があるバイクメーカーです。

若者から年配の方まで楽しめるバイクを作っています。

企業ホームページ:ハーレーダビッドソンジャパン

BMW

BMWは、ドイツの2輪・4輪メーカーです。

BMWといえば車の方が有名ですがバイクも作っています。ヨーロッパ生まれで落ち着いた乗り心地は車と同様にすばらしいです。

BMWの特徴は、水平対向エンジンという珍しいエンジンを搭載していることです。バランスがよく完成度が高いバイクですのでロングツーリングをしても疲れません。

企業ホームページ:BMW Motorrad Japan

ドゥカティ

ドゥカティは、イタリアのバイクメーカーです。

デザインはとても優れていて未来をイメージさせるデザインのバイクを作っています。

ドゥカティ特有の排気音や乾式クラッチのカシャカシャ音が好きな方も大勢います。スポーツライディングを楽しむのに適したバイクメーカーです。

企業ホームページ:ドゥカティジャパン

バイクの購入の関連ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク