ご飯とインスタントみそ汁はバイク旅行の定番メニュー

ご飯とインスタントみそ汁の知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイク旅行のご飯とインスタントみそ汁

トップページ > バイク旅行の食事 > ご飯とインスタントみそ汁

ご飯とインスタントみそ汁はバイク旅行の定番の食事のメニューです。

ご飯の種類は、白米の他に、五目御飯、鳥釜めし、赤飯、ドライカレーなど種類は豊富にあります。

ご飯とインスタントみそ汁を選ぶ時に覚えておきたい基礎知識を紹介します。

目次

ご飯について

バイク旅行の定番メニューのご飯とインスタントみそ汁

ご飯とは、精米したお米に水を入れて炊いた食材です。

ご飯とインスタントみそ汁は、インスタントラーメンと同じくらい食費を節約するバイクツーリングやバイク旅行で食べられている定番の食事で、インスタントラーメンよりも食べ応えがあります。

私が日本1周していた時もご飯とインスタントみそ汁はよく食べていました。

ご飯とインスタントみそ汁は、バイクツーリングの空腹時にがっつり食べたいときにおすすめのメニューです。

ご飯の調理方法は、電子レンジで温めるタイプ、お湯で温めるタイプ、水やお湯を袋の中に入れる(フリーズドライ)タイプがあります。

  • 電子レンジで温めるタイプ:電子レンジの中に入れて2~3分温めてください
  • お湯で温めるタイプ:トレーをお湯の中に入れて15分くらい温めてください
  • フリーズドライのタイプ:袋を開けて袋の中にお湯か水を流し込んで15分~60分待つと出来上がります

電子レンジを使う場合は数分温めれば食べることができますが、お湯で温めるタイプやフリーズドライでは温めが終わるまでに15分以上かかりますので出来上がるまでだいぶ待たなければなりません。

このように、一番簡単に調理できるのは電子レンジで温めるタイプのご飯です。

なお、電子レンジで温める場合はお店で用意してある電子レンジを使い、お湯で温める場合は自炊道具(大きなクッカーなど)と水が必要になります。

電子レンジやお湯で温めるタイプのご飯は、普通のご飯の他に、五目御飯、鳥釜めし、赤飯、ドライカレーなどの様々な種類があるので、自分が好きなご飯を探してみてください。

水やお湯を袋の中に入れて作るフリーズドライについて知りたい方は、フリーズドライ(保存食)を見てください。

自分で自炊道具を使ってお米からご飯を炊きたい方は、簡単にはんごうでご飯を炊く方法を見てください。

スポンサーリンク

インスタントみそ汁について

インスタントみそ汁

みそ汁は、だし汁と味噌を溶かした中にあげやワカメなどの具を入れた汁物の料理です。

みそ汁は、ご飯と一緒に食べるのに欠かすことができない食材なので、味噌汁がないと物足りないと感じる方が多くいます。

スーパーに売っているインスタントみそ汁を大きく分けると、袋に小分けされたタイプとカップに入ったタイプの2種類があります。

  • 袋に入ったみそ汁:小分けされた袋から味噌と具を取り出して用意した容器にお湯・味噌・具を一緒に入れて作ります
  • カップに入ったみそ汁:カップにお湯を入れて作ります。

手軽に作るならカップに入ったタイプですが、値段は袋のタイプよりも高くなってしまいますので、食費をできる限り節約して安く抑えたいのなら袋に小分けされたタイプを使ってください。

但し、袋のタイプでもカップのタイプでもお湯が必要になりますので、お店のポットで用意されているお湯を使うか自炊道具でお湯を沸かして使ってください。

なお、自炊道具を持っていない方はコンビニを利用するのが便利です。

ご飯とインスタントみそ汁はコンビニで購入すれば、ご飯はコンビニにある電子レンジを使い温めて、インスタントみそ汁はコンビニのポットにあるお湯を使えば、自分で自炊道具を使う必要もありませんし食器を洗う必要もないので片付けがとても楽です。

スポンサーリンク

バイク旅行の食事代を安く抑える定番メニュー