本文へスキップ

バイク旅行の食事にインスタントラーメンを食べて食事代を抑える

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

インスタントラーメンはバイク旅行の定番メニュー

インスタントラーメンについて

インスタントラーメンはお湯さえあれば誰でも手軽に作れて食べられるので、普段の生活でも利用している方は多いのではないでしょうか。

インスタントラーメン:お湯があれば手軽に作れて3分で完成します。
インスタントラーメン

料理を作ることが面倒なときや時間がないとき、食事代を抑えるときにインスタントラーメンは欠かすことのできない食べものです。

旅行中では、お湯を注げば食べられるその手軽さから、インスタントラーメンを食事として作っている方をよく見かけます。

インスタントラーメンの種類(カップタイプ、袋タイプ)

インスタントラーメンは、主にカップに入ったタイプと袋に入ったタイプがあります。
それぞれの違いを見ていきましょう。

カップタイプ

カップに入ったタイプは、コンビニエンスストアで購入すれば買った後に店内に無料で使ってよいポットが置いてありますのでお湯を注げばすぐに食べられるのでとても便利です。
ですので、コンビニで購入すれば自炊道具は特に必要ありません。また、カップタイプの良いところは食器を洗う手間がいらないことです。

袋タイプ

袋に入ったタイプは、麺をゆでないといけないので自炊道具が必要になります。
自炊道具を持っている方は、袋に入ったインスタントラーメンをディスカウントショップやスーパーなどで購入すればカップタイプよりも食事代を安く抑えられます。

小さいクッカー(コッフェル)では、麺がそのままの大きさでは入らないので、麺を半分に割ってからクッカーに入れてください。

自炊するには飲料水が必要になります。
旅行中の飲料水について知りたい方は、飲料水はどうする?を見てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク