レンタルバイクと自分所有のバイクはどちらがお得かの比較

レンタルバイクと自分所有のバイクの知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

レンタルバイクと自分所有のバイクとの比較

トップページ > お役立ち情報 > レンタルバイクと自分所有のバイクどちらがお得

バイクに乗る時は、自分で購入したバイクとバイクショップでレンタルしたバイクの2種類があります。

長い期間バイクに乗りたいなら自分で購入した方がお得、夏の日曜日しか乗らないならレンタルバイクの方がお得です。

自分で購入したバイクとレンタルバイクはどちらが向いているのかの比較を紹介します。

目次

レンタルバイクと自分所有のバイク向いているのはどっち?

レンタルバイク

レンタルバイクと自分所有のバイクはいったい自分にはどちらが向いているのか考えたことはありますか?

レンタルバイクと自分所有のバイクを比較してみましょう。

レンタルバイクに向いている方は、

  • 夏休みの数日しか乗らない
  • 日曜日しか乗らない
  • バイクを購入する資金がない

など、仕事が忙しく乗る機会がほとんどない方はレンタルバイクを貸してもらうことを考えてみましょう。

また、新しいバイクに乗り換える時や欲しいバイクが決まっていない時はレンタルバイクを借りてツーリングや街乗りをしてバイクの特性を調べることもできます。

その他の利用方法では、旅行をする時、電車で現地の駅まで行ってその駅の近くで車のレンタカーを借りてその土地をまわるという旅行スタイルが人気ですよね。

バイクでも同じで、夏の季節では北海道まで飛行機などで移動して、そこからレンタルバイクを借りて北海道をツーリングするという旅行スタイルが人気です。

バイク旅行をしなくてもちょっとした用事で借りることはできますので、レンタルバイクの利用方法はいろいろあり大変便利です。

では、自分でバイクを所有した方が向いている方は、

  • 普段の足として通勤で毎日使っている
  • どうしても欲しいバイクが決まっている

などです。自分で購入した方が断然お得です。

バイクをカスタムして自分が好きなようにいじれるということも自分でバイクを所有するメリットです。

スポンサーリンク

レンタルバイクの費用

みなさんは、レンタルバイクを借りたことはありますか?

レンタルバイクの利用方法は、休みの日にツーリングに行きたい、気になっていたバイクを運転してみたいなどいろいろあります。

レンタルバイクを1日利用すると車両のレンタル料金は、250ccなら1万2000円くらい、400ccなら1万5000円くらい掛かります。

その他には、ヘルメットを持っていない方は公道をバイクで走行するにはヘルメットが必需ですし、ロックを持っていない方は盗難防止対策として一緒に借りた方が無難です。

そして、万が一事故を起こした時の為に車両補償の手続きもした方がいいと思います。

400ccのバイクで計算すると、1カ月当たりで日曜日にしか乗らないのであれば、日曜日は月に4日あるので約6万円あればレンタルすることができます。

1年で数日しか乗らないのであれば、バイクを購入するよりも安い料金で乗ることができます。

自分所有のバイクの費用

自分のバイクを持つことは、時間があればいつでもバイクに乗れるのでライダーにとっては楽しいですが、バイクを所有するにはバイクを購入する時に必要なバイクの車両の費用だけではなく、購入した後に維持していく為に様々な費用が必要になります。

バイクを維持していく為に必要な費用は、バイクの本体価格の他には、

などが、必要になります。

例えば、400ccの新車のバイクでは乗り出し価格は60~80万円です。

その価格に維持費が必要になってきますので、維持費用は十分用意しておきましょう。

レンタルバイクを借りる方法

レンタルバイクを借りるには、レンタルバイクショップが所有している貸出できるバイクを探して乗りたいバイクが見つかれば予約をします。

バイクの種類は、ツアラー、ネイキッド、アメリカン、スクーター、オフロードなどあり、排気量も50ccから1000cc以上まで様々なバイクを借りることができます。

但し、その借りるバイクに乗る為にはそのバイクの排気量に適した運転免許証が必要になりますので準備してください。

バイクを返却する時は、近くのガソリンスタンドでガソリンを満タンにしてからレンタルバイクショップへ持ち込んで、キズが車両についていないかチェックされた後に何も問題がなければ返却され終了となります。
※ガソリンが満タンになっていないと普通に給油するよりも高い料金で請求されます。

車のレンタカーを借りた経験があれば、同じような要領で手続きをしていけば大丈夫です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク