バイクをカーフェリーに積んで離島に持ち込む方法

バイクを離島に持ち込む知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

離島にバイクを持ち込む方法

トップページ > バイク旅行の疑問 > 離島にバイクを持ちこめるの?

小さな離島へバイクを持って旅行に行きたい時はカーフェリーを利用してください。

カーフェリーを利用すれば、人の他に、自動車、バイク、自転車などの乗り物を積むことができます。

カーフェリーにバイクを積み込んで離島も旅行してみてください。

目次

バイクを離島へ持って行く方法

鹿児島から出航しているカーフェリー

日本には、北海道、本州、四国、九州の大きな陸地の他にもたくさんの離島があります。

例えば、

北海道には

礼文島、利尻島、奥尻島

日本海側には

佐渡島、隠岐の島、壱岐島、対馬

東シナ海には

五島列島

鹿児島本土より南には

トカラ列島、屋久島、種子島、喜界島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄、久米島、南の島々

ここで紹介している以外にも、日本には数多くの離島があります。

日本の数多くの離島にバイクと一緒に行くには、どのようにすれば行けるのかわかりますか。

離島に行くには、飛行機を使って空から行くかカーフェリーを使って海から行くかになると思います。

海から行く場合は、主に高速船かカーフェリーが運行していると思います。

高速船とカーフェリーの特徴は次の通りです。

  • 高速船:ものすごいスピードで人を運んでくれます。
  • カーフェリー:ゆっくりしたスピードで人と自動車やバイクを運んでくれます。

このカーフェリーが行きたい離島に運行していれば、離島へバイクを持って一緒に行くことができます。

スポンサーリンク

旅人の間で有名なカーフェリー

カーフェリーを使えばバイクと一緒に、いろいろな島に行くことができますので移動する為の交通手段になります。

このいろいろあるカーフェリーの中で旅人に特に有名なカーフェリーがあります。

沖縄から南大東島に行く航路が旅人の間で有名で、南大東島の港は波が高すぎるため港に船が着岸することができません。

どのように島に上陸するのかというと、人も荷物もクレーンでつるされてコンテナで島の港に移動されます。

ですので、人もバイクもクレーンで運ばれるという珍しい光景を見ることができますので旅人の間で有名なのです。

もう1つ乗ってもらいたい航路は石垣島と与那国島を結ぶフェリーです。

このフェリーは通称ゲロ船といわれていて、なぜゲロ船なのかというと波が高すぎて船が左右にすごい角度をつけて終始揺れているからです。

デッキのイスに座っていても沈没するのではないかというくらい目の前の海面が見えるくらい揺れます。

乗船中は気分を悪くする旅行者が多いので旅人の間でゲロ船と呼ばれるようになりました。この揺れ具合は他のフェリーでは絶対に経験することはできないと思います。

その他のフェリーでは、昔は東京や名古屋から何十時間も掛けて沖縄まで行く航路や、唯一沖縄から石垣島へ行くフェリーがありましたが、現在は廃止になっていますのでありません。

沖縄から石垣島の間に宮古島がありますが昔はフェリーが1週間に数便ありましたが現在は廃止されていてありません。石垣島からも宮古島へ行くフェリーはありませんので飛行機で行くしか方法はありません。

のんびりとしたバイク旅行が好きな方にはカーフェリーはおすすめですが、特に石垣島へ行くカーフェリーがなくなったことは空からしか行く方法がありませんので、日本1周している旅人にとっては痛手だと思います。

なお、石垣島からは日本最西端の与那国島、有人の島で日本最南端の波照間島、自然が豊かな西表島、街並みが綺麗な竹富島などへカーフェリーで行くことはできます。

スポンサーリンク

バイク旅の疑問の関連ページ

スポンサーリンク