バイク旅行で野宿に適した安全な場所

バイクで野宿する場所の知識を身に着けて

風とともに大地をかけぬけよう素晴らしい景色が待っています

バイク旅行で安全な野宿の場所

トップページ > バイク旅行の疑問 > バイク旅行の野宿で安全な場所は?

バイク旅行の宿泊場所は、ホテルに泊まるか野宿するかの2通りあります。

野宿する場所はいろいろありますが、安全に野宿したい時は営業が終わった後の道の駅での野宿がおすすめです。

野宿すると宿泊料金が0円になりますので、宿泊費用を節約しているライダーは野宿してみてください

目次

野宿って何ですか?

野宿の場所を選ぶ

バイクを使った旅行でも車を使った旅行でも夜になるとどこかに泊まって寝て疲れを取ることが普通ですよね。

車の場合は車の中で寝ることができますが、バイクには屋根がなく閉ざされた空間がないのでそうはいきません。

バイク旅行で寝る時の宿泊スタイルは、大きく分けると2つあると思います。

まず1つ目は、お金を支払ってホテル・旅館・ユースホステル・ライダーハウスに宿泊する方法です。ホテルなどの宿泊施設は宿泊する為の場所ですので、安全に泊まることができます。

2つ目は、お金を支払わずに公園などのような建物の外で宿泊する方法です。公園や空き地などにテントを張って宿泊しますので、誰かに襲われるという危険と隣り合わせになりますが宿泊料金はタダです。

この、2つ目のお金を使わずに建物の外で宿泊する方法のことを野宿といいます。

野宿をする時は、テントを立てて寝袋で寝るか、ベンチの上で寝袋だけで寝ます。

野宿を行う時に注意することは、どこでも野宿していいわけではなく安全な野宿の場所を探すことです。

スポンサーリンク

いろいろな野宿する場所

バイク旅行で野宿できそうな場所といえば、次のようなところが思い浮かびます。

  • 公園
  • 道の駅
  • 電車の駅の前
  • フェリー場の前
  • ちょっとした野原や空き地
  • 泊まろうと思えば泊まれるような気がする場所・・・

野宿の経験が初めての方は、野原や空き地で泊まることは危険ですのでおすすめできません。

では、どこで野宿すればいいのかというと、この中で比較的安全な場所といえば道の駅です。

道の駅には、明かりがありますし、他の野宿している利用者もいますので野宿初心者の方には安全だと思います。

野宿が安全な場所と危険な場所

道の駅には昼間はいろいろな方が利用していますが、日が暮れた後にもいろいろな方が利用しています。

例えば、

  • 車中泊の人
  • キャンピングカーで旅行をしている人
  • ライダー(バイク旅行者)
  • チャリダー(自転車旅行者)
  • 徒歩旅

など、いろいろな方が道の駅の営業が終わった後に朝になるまで利用しているので安全だと思います。

設備面では、道の駅には水道とトイレがあるので野宿に適しています。

その他では、四国ではお遍路の関係でお寺の駐車場にテントを張っている方がいますので、お寺は安全だと思います。

キャンプ料金や高速料金が必要になりますが、キャンプ場や高速道路のサービスエリア、パーキングエリアは安全です。

野宿したことがない方は野宿は怖いイメージがあると思いますが、明かりがあればなんとかなるものです。

次の3点の場所は、野宿が危険かもしれないので十分気をつけないといけません。

  • 近くに明かりがない場所には泊まらない
  • 動物の気配がする(山の中ならクマやイノシシなど)場所には泊まらない
  • 墓地が近くにある場所には泊まらない

このような危険な雰囲気がある場所には野宿に慣れていない方は絶対に泊まらないようにしてください。

スポンサーリンク

バイク旅の疑問の関連ページ

スポンサーリンク