本文へスキップ

ツーリングに行く前にバイクの整備をしよう

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

ツーリングに行く前にバイクの整備をしよう

バイクを安全に乗るには日常点検が重要

バイクのメンテナンスに使う工具とケミカル

バイクでツーリングや旅行に出発する前には、簡単なメンテナンスをしてバイクが安全に走れるように定期的に整備しておきましょう。

バイクは様々なパーツを組み合わせて作られているので、部品の経過時間や走行距離と共に劣化や消耗をしていき、最後には寿命を迎えて部品を交換するという状況になります。

バイクのメンテナンスをせずにツーリングに出発して、ツーリング中にバイクが故障して走行不可能となってしまったら楽しいツーリングが中止になって、おまけに高いお金を払ってバイクを修理させなければいけなくなります。

バイクにトラブルが起きてからでは遅いので、トラブルが起きる前に簡単な点検を行ってください。

例えば、日常点検で行うこととしては、

  • エンジンオイルは規定量入っているか?
  • エンジンを掛けた時エンジンから異音が出ていないか?
  • ブレーキオイルは減っていないか?
  • ブレーキパッドの残りの厚さは大丈夫か?
  • ドライブチェーンはたるんでいないか?
  • タイヤの溝は残っているか?
  • バッテリーは弱っていないか?
  • 冷却水は規定量入っているか?
  • クラッチワイヤーは硬くないか?

などのような項目を事前にバイクに不調な箇所がないのかを点検し、もし、不調な箇所があればその箇所の部品を交換することをおすすめします。

また、ヘッドライトやテールライトなどの灯火類は突然バルブが切れるので、中古車を購入した方はすぐに新品に交換するか予備を持ち歩くのがいいでしょう。

ツーリングに行く時に積み忘れしやすい持ち物としては工具が思いあたります。
※持って行った方がよいおすすめの工具は、コンビネーションレンチ、六角レンチ、プラス・マイナスドライバー、プライヤーです。

工具自体を持って行かないという方は多いと思いますが、ツーリングには車載工具を忘れずに持って行くようにしてください。工具を持っていれば、カウルを外したり、緩んだネジを増し締めしたりできますので、簡単なトラブルなら解決できます。

スポンサーリンク

バイク旅行に行く前にメンテナンスをしよう

  • エンジンオイルの交換方法

    エンジンオイルは、エンジンの潤滑、冷却、洗浄を行う為の大切な液体です。エンジンオイルが不足、又は汚れていると走行中にエンジンにダメージを与えるので注意してください。

  • ブレーキオイルのメンテナンス

    ブレーキオイルは、走行中のバイクを減速させて停止させる為に必要な液体です。リザーバータンク内のブレーキオイルの量が規定量入っているのか確認しましょう。

  • ブレーキパッドのメンテナンス

    ブレーキパッドは、ブレーキオイルと同様に走行中のバイクを停止させる為に必要なパーツです。パッド部分の残りの厚さが何ミリ残っているのか確認しましょう。

  • 点火プラグ(スパークプラグ)のメンテナンス

    点火プラグは、エンジン内部で燃料と空気を燃焼させる為に必要なパーツです。新品のプラグの電極の角は角ばっていますが、使いこんでいくと電極の角が丸くなってくるので新品と交換してください。

  • ドライブチェーンのメンテナンス

    チェーンは、エンジンで発生させた動力を後輪に伝達する為に必要なパーツです。チェーンは、チェーンアジャスターでたるみが調整できなくなったり錆がひどくなると交換時期です。

  • タイヤのメンテナンス

    タイヤは、バイクを走らせたり止まらせたりする時に必要なパーツです。タイヤの溝の残りは適正か、ひび割れはしていないか、空気圧は適正かを日常的に確認してください。

  • バッテリーのメンテナンス

    バッテリーは、エンジンを掛けたり電装品に電気を供給する為に必要な大切なパーツです。バッテリーが弱ってきたことに気がついたら(2〜4年ごと)新品と交換してください。

  • 冷却水(ラジエーター液)の確認方法

    冷却水は、エンジンで発生した熱を奪い取ってエンジンを冷やす働きをします。冷却水の性能を維持する為には定期的(2年ごと)に新品に交換する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク