本文へスキップ

バイクにバイク旅行の荷物の積み込み方法

風とともにかけぬけよう

素晴らしい景色が待っています

荷物の積み込み方法

必要な荷物からバイクに積んでください

バイク旅行で荷物をバイクに積むためのバッグ

荷物をバイクに積み込む方法としては、主に次の4つの方法があります。

  1. タンクの上にタンクバッグを置いて積め込む
  2. リアシートの上にリアシートバッグを置いて積め込む
  3. リアシートの横にサイドバッグをかけて積み込む
  4. バックパックに積め込んで背負う

主に上で挙げた4つの方法で荷物を積み込みますが、その他にウエストバッグというものがあります。
ウエストバッグは、3Lくらいの容量のバッグですので貴重品や小物を入れるには大変便利だと思います。

バイクに荷物を積み込む量には限りがありますので、まずは必要な荷物を積んだ後に積む場所に余裕があるなら、持って行くか迷った荷物を積んでください。

バイクに荷物を積む方法

  • タンクの上に荷物を積む

    タンクの上に荷物を積むにはタンクバッグを使います。タンクバッグには、マグネットで固定するタイプと吸盤で固定するタイプがあります。

  • リアシートの上に荷物を積む

    リアシートの上に荷物を積むにはリアシートバッグを使います。リアシートバッグには、大量に荷物を積むことができるので旅行のスタイルに応じてサイズを選んでください。

  • リアシートの横に荷物を積む

    リアシートの横に荷物を積むにはサイドバッグを使います。荷物を積める容量は大きいのですが大きなものは入りませんので、大きなものを積む時はリアシートバッグを使ってください。

  • バックパックで荷物を背負う

    リアシートバッグのようにバイクに固定しないでツーリングに荷物を持って行く時はバックパックを使います。快適にツーリングをするにはバイク用のバックパックがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク